記事一覧

「墓じまい」および、自分の始末について

皆さんはお墓参りって行ってますか?
私は年間5~6回以上は行っています。

何しろ、親のうち半分が旅立ってますし。
さらには身内に思わぬ不幸もありましたから。

子供たちが日本に帰ってきたら一度は墓参りに行くとか
お彼岸には行くとか
師走になると、年が改まる前に一度は行くとか
命日近くには行って置くとか
何も無くても、気が向いたら行ってみるとか
そんなことしてると、年間何回も行くことになります。

東京の都心部にある墓なので
ビルに囲まれた墓地となります。

そんな大都会の真ん中の墓地ですけど
無縁墓となっているお墓が出てきています。
墓地の中の何か所かには、
「無縁墳墓改葬公告」が掲示されています。

東京のど真ん中でもこんな状況ですから
多分田舎はひどい状態なんじゃないかと思います。
私の生まれた街にも、祖父母のお墓がありますが
もう何十年も行っていません。

そんな中こんな記事が
「荒れ墓」「無縁墓」…墓を継ぐ人がいなくなる
1/16(月) 11:02 配信

この年末年始、全国でいくつかの「墓じまい」があった。墓参りする人がいなくなり、墓自体を処分したのだ。「墓じまい」には至らずとも、「雑草に覆われて墓石も見えない」などの「荒れ墓」、使用者が不明の「無縁墓」は増え続けている。荒れ放題にしないため自治体も対策に乗り出し、「墓守代行」「レンタル墓」なども広がってはきた。しかし、少子化や過疎化など荒れ墓を生む要因が大きく変わるわけはなく、人口減少社会・日本では今後、引き継ぎ手のいない墓はさらに増えていく。あなたの肉親や近親者のお墓は?(Yahoo!ニュース編集部)



今地方では無縁墓が急増しているようです。
日本の家族制度が急速に変貌していくなか、当たり前ですけど、
従来の家を基礎においた墓地の管理は不可能になっています。
私の子供のころからでは、
ほんの半世紀もかからずに、日本の墓文化は崩壊ですね。

これも、基本には社会構造がとか家族構造が云々というより
単に少子化と高齢化のセットが、崩壊させていくんですね。
そりゃそうですよね、
子供がいなけりゃ、お墓なんて次世代になっても管理なんてこと
よほどの有名人の墓でも無い限り、ありえません。

うまくいけば、永代供養タイプの共同墓となるんですけど
地方においては、すでに人口減少によって
誰が埋葬されているかなんてことどころか
墓の位置とか墓があったのかどうか
ということさえはっきり分からない状態になっていますよね。

だって、限界集落が全国に2000か所あるとか
住民が一人もいなくなった消滅集落が調査した自治体の2割で見つかったなんて言われている時代ですよ。
そこで昔亡くなられた方が埋葬されていた墓地は、場所も数も何もかも不明でしょう。

多分、今の時代は、江戸から明治への変革期以上に
お墓の変化が大きいんじゃないでしょうか。

私は、個人的には自分の墓
いらないと思っています。

できれば散骨ですませてほしい。
迷惑かけたくないですから。

散骨に関しては

厚生労働省の
第7回「これからの墓地等の在り方を考える懇談会」議事要旨
日時:平成9年12月5日(金)
場所:通産省別館第825会議室
の中で論議されています。
結構いいこと書いてあるんですよ。

散骨に関する行政法的見地からの意見

○ 現行法の解釈
法律に規定がないことの場合の解釈は一義的ではない。
1) その行為につき法的な関与を一切すべきではない。(規定を廃止した 場合)
2) 立法当時関心の対象とならなかった。
3) 地域の実情に委ねる。
4) その行為と当該法律は別次元のもの。
 散骨と墓地、埋葬等に関する法律(以下、「墓埋法」という。)の関係は 2)を前提に合理的な解釈をすることになる。
 散骨に対する現行解釈は、墓埋法は関知しないということであるが、それは散骨について全く自由ということではなく、衛生上または国民の宗教的感情上の問題を生じるような方法で散骨が行われる場合には、墓地埋葬行政として当然規制を成し得る。


どうやら、適切な方法で行われるなら誰がやっても散骨は合法なんですね。

ただし、おかしな人間は必ずいます。
合法となると何でも自由にやりたがるおかしな人たちや
金になるならどんなことでもやりだす変な人たちです。

憲法で保障された基本的人権の「葬送の自由」を叫んで、あちこちで迷惑行為をしていたり
誰でも始められるならと、突然散骨業者になったり、なんてことがあるようです。
そんなことしていたら、逆に規制をかけらるんじゃないかと思うんですけど
どうなんでしょ。

もう、とっても困ります。

私は、できるだけ残る人々(自分の家族以外の方々にも)に迷惑かけないように
その時点で適切と思われる方法で散骨していただいて(できれば3代目ネコの骨と一緒に)
妻や子が望むなら骨の一部(細かく砕いて)をアクセサリーの中にでも入れておいてくれたなら、それで十分です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

これからは、若い夫婦がかかえるお墓は、2つは当たり前。 もしかすると、4つ5つもあるかも。管理できませんw

ワタシもお墓はいらないと思ってます。
猫さんと一緒に好きな木の根元に散骨してもらえば充分です。樹木葬っていうみたいです。

No title

父の墓は最初から合葬墓に入れてもらいましたが
ちょっと距離があるので年に一度しか行ってません
母はもっと近くの寺にしておくべきだったかと思っているようです
墓の掃除をしなくてもいいので楽ですw

Re: No title

祝詞婆さん、コメントありがとうございます

> これからは、若い夫婦がかかえるお墓は、2つは当たり前。 もしかすると、4つ5つもあるかも。管理できませんw
>
> ワタシもお墓はいらないと思ってます。
> 猫さんと一緒に好きな木の根元に散骨してもらえば充分です。樹木葬っていうみたいです。

樹木葬良いですね^^
私もそうしてほしいなぁ。
好きな木の根元で、好きだったネコと一緒。
最高ですね。

Re: No title

retire2kさん、コメントありがとうございます

> 父の墓は最初から合葬墓に入れてもらいましたが
> ちょっと距離があるので年に一度しか行ってません
> 母はもっと近くの寺にしておくべきだったかと思っているようです
> 墓の掃除をしなくてもいいので楽ですw

最初から合葬墓というのも良いですね。
お墓が寂しくなくて良いです。
誰か来てくれそうですから。
墓参りのために里帰りしている方もいますから、大変ですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング