記事一覧

たとえ可憐な少女の「口噛み酒」でも飲みたくはない

ひさしぶり(40年ぶりぐらいかな)に
「口噛み酒」の記事を読みました。

酒造りは中世の女の大切な仕事だった!酒作(さけづくり)の女たち
サライ.jp 1/7(土) 19:10配信

上古(じょうこ)の昔、酒は女性が米を噛(か)んで唾液とともに吐き出して醗酵させたといい、酒作(さけづくり)は中世も女の大切な仕事だったようだ。現代と変わらず、飲酒を楽しむ人は、ごまんといただろうから、酒作は女たちの良い稼ぎとなっていたに違いない。


と書かれているんですね。

無知な私は、上古(じょうこ)の昔というのがいつなのかわからないので調べたところ
デジタル大辞泉によると

上古(ジョウコ、古くは「しょうこ」)
1 大昔。
2 日本史、特に文学史の時代区分の一。文献の存する限りで最も古い時代。ふつう、大化の改新のころまでをいう。


と書かれているから、今から1500年ぐらい前までということなのかな。
石器時代とか縄文時代も含まれるのかも。
まぁ、日本の人間の記録(文字では無くて住居跡や道具と言った生活記録)の残る歴史としては古い時代ですね。

この「口噛み酒」、もともとは世界各地に存在していたようですけど、現在はほとんど消失していますね。
無くなっていてとっても安心しました。

人間の唾液にはアミラーゼという酵素が含まれているから、口で噛むことで、デンプンを分解して、糖にして、そこから酵母菌でアルコール発酵させるというものなんですね。さらに人間には乳酸菌も常在菌として存在するから、乳酸発酵も加わるみたいだから。
これによって甘酸っぱいお酒になるはず。
作った人間によって、味が変わるはずですね^^
何しろ、常在菌の種類は個人によって微妙に異なるでしょうから、集落の中で、あの人の作った「口噛み酒」が一番うまい、なんて評判が立ったんじゃないでしょうか。それによって、婚姻が進むとか大いにあったんでしょうね。

それにしても、今頃何で「口噛み酒」なんてものが、記事になったりするんだろう?
なんて思ってググっていると、こんなことも書いてあった

「君の名は。」三葉ちゃんの「口噛み酒」が話題…個人で作って売っても問題ない?

大ヒットとなっている新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」の作中に出てくる「口噛み酒」というお酒がネットで話題を呼んでいる。



以前私も、ブログで言及した
アニメ映画「君の名は。」の中でも出てきたんですね。それで、最近
「口噛み酒」なんて珍しいことが話題になったんですね。
納得しました。

ただ、
主人公の一人「宮水三葉」の酒をを飲みたいと言い出すネット民が多数なんてことが書いてある。
もう、この段階になると、私には理解も納得もできません。

何で、知らない人間が口の中に入れてカミカミして、さらに発酵させたものを
飲みたがるの??

何でも、神事では体を清めた処女が「口噛み酒」を作るらしいけど
確かに、若い個体は正常な常在菌叢が発達しているから
ヒトに悪影響を及ぼす可能性の高い雑菌は少ないとは聞いたことあるけど。
それでも、私には無理です。
飲めません。

頭では分かっているんですよ
極めてリスクの少ないアルコール分の少ない乳酸発酵の加わったお酒であり
健康上の心配はないよ、ということは。

でもね、生理的に受けつけません。
たとえ、作った方がどんな美人で可憐な少女だとしても、無理なものは無理です。

といっても、たぶん
自分の妻や娘が作った「口噛み酒」なら、私も平気で飲んじゃうんですよね。
う~~ん、人間って複雑だなぁ。

まぁ、人間は、自分の唾液だって
一端、自分の口から出た後だと、汚いって思うでしょ。
それと一緒ですよね(一緒じゃないか?)。
もしかして、いったん自分の口から出た唾液を
汚いと思っているのは、私だけだったりして。
もしかして一般的には、
「自分の唾液だったら、口から出た後も、まったく汚いとは思えない」
というのが普通の感覚なのかな、なんてことを、考えてしまいましたよ。
よくわからん><



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング