記事一覧

みんなアーリーリタイヤだね^^

高齢者の定義を何と10歳も引き上げようとしていますね。
まぁ、もっとも高齢者の定義なんて、これまでもはっきり決まっていなかったんでしょうけどね。
だって、75歳からは後期高齢者だと、そんな失礼な名称はケシカラン、なんて言われていましたからね。

高齢者の定義、75歳以上に引き上げを-老年学会などが提言
医療介護CBニュース 1/5(木) 20:00配信

日本老年学会と日本老年医学会は5日、一般的に65歳以上とされている高齢者の定義を見直し、75歳以上に引き上げるべきとする合同提言を発表した。65-74歳は「准高齢者」と位置付け、仕事やボランティア活動といった多様な社会参加を促すことで、高齢化のイメージを改め、明るく活力のある超高齢社会につなげたいとしている。


ということなんだそうです。

これに対して
<高齢者定義>塩崎厚労相、早期見直しに慎重姿勢
毎日新聞 1/6(金) 19:09配信

塩崎恭久厚生労働相は6日の閣議後の記者会見で、日本老年学会などが高齢者の定義を75歳以上に見直すべきだとした提言について「社会保障制度における定義を見直すことは、企業の雇用慣行や国民の意識も十分踏まえた上で、慎重に議論しないといけない」と述べ、定義の早期見直しに慎重な姿勢をみせた。


と、国は現時点では慎重な姿勢なんだけど。
でも、高齢者の定義の見直し、って定年や年金に係る可能性ありますよね。
社会保障費の増大が大きな問題となっている現在、避けて通れないお話なのかな。

「高齢者の定義75歳以上に」老年学会提言1月5日 18時23分

その一方で、今回の提言を年金の支給年齢の引き上げなど、今の社会保障の枠組みに直接結びつけず、慎重に議論するよう求めています。


ということも言っていますけど、
この先どうなるんでしょうか。

こんなことを提言しているお医者様って、いつまでも働いている人多いじゃないですか
その人たちが中心となって考えたことだから、こんなていたらくになるんでしょうね。
「俺たちゃ生涯現役だぜ、お前たちも当然そうだよな!」てな感じですかね。
あんたたちはどこのジャイアンですか、なんかいやな感じ。
活力あるとか経験を生かすとか言われながら、働かされちゃうんでしょうか?
活力も経験も無い私ゃどうしたらいいんでしょう。

そんな時代がすぐ近くに来ているんですよね。
75歳定年、なんてことになって
ほとんどの人はアーリーリタイヤの時代、
なんて言われるようになるのかも。
「70歳で仕事辞めたいだって!何甘いこと言っているんだ、生きがいとやりがいと社会の活力のために死ぬまで働け!!年金なんか75歳からしかもらえないぞ。」
とか言われちゃうんでしょうか。

やっぱり私見たいな、敗残者のセミリタイヤおっさんは、
せっせと節約して、資産形成続けないとな。
なんて思ってると、
「金持ち優遇は許さん、資産課税しろ!」
とか言われちゃうのかも。

アホみたいに節約して、外食もしない、ギャンブルしない、楽しみ少ない、
病院もできるだけいかない、なんて感じで頑張って貯めていても、
欲望のままにどんどん使う人に持って行かれて使われちゃうのかなぁ。
情けない><

やっぱ、長生きはしたくないなぁ。
安楽死はどこ行ったんだろ。

そう言えば、前述したけど75歳からの後期高齢者医療制度どうすんだろ?
高齢でも元気な人多いって言うけど、一方で後期高齢者の医療費凄いことになっているよね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

これで妥当だと思いますよ。

以下、少し長くなってしまったので、
自分のブログの記事にしておこうと思います。
m ( _ _ ) m

No title

70,80まで働くことを要求する社会が実現すれば、この人たちから広く薄く税金社会保険料を徴収できるので、我々早期リタイア者からすれば嬉しい話だと思います。資産課税もまだまだ先、ということになるでしょう。
このまま順調に総活躍社会を構築してもらって、我々は悠々リタイア生活を楽しみましょう。

Re: No title

mushoku2006さん、コメントありがとうございます

> これで妥当だと思いますよ。
>
> 以下、少し長くなってしまったので、
> 自分のブログの記事にしておこうと思います。
> m ( _ _ ) m

ブログ記事読ませていただきましたよ
個人的には、受給年齢繰下げや受給額の激減は、このままなら避けられないと思うんですよね。
私自身は、それでも耐えられるようにはしているんだけど、皆さんはどうなんでしょうね^^

Re: No title

招き猫の右手さん、コメントありがとうございます

> 70,80まで働くことを要求する社会が実現すれば、この人たちから広く薄く税金社会保険料を徴収できるので、我々早期リタイア者からすれば嬉しい話だと思います。資産課税もまだまだ先、ということになるでしょう。
> このまま順調に総活躍社会を構築してもらって、我々は悠々リタイア生活を楽しみましょう。

そうですよね^^
我々セミリタイヤや早期リタイヤにとってはありがたいことですよね。
どんどん働いて、どんどん税金納めてほしいものです。

No title

すいません、
まことにうっかりしていまして、
記事を書く発端になったこちらの記事を紹介するのを忘れていました。
読み返して気が付いて、慌てて追記させていただきました。
m ( _ _ ) m

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング