記事一覧

ノーマルと言う名の病ですね

良く、正常だとかノーマルだとか言うじゃないですか。

これって、ほんと面白いですよね。

だって、我々が今、ノーマルだとか正常だとか言われている状態って
ホントはとっても異常な状態なんじゃないかなって思うんですよね。

自分は健常者だと思っている私たち全員が抱える「ある重い障害」 相模原障害者殺人事件から考える
現代ビジネス 1/4(水) 11:01配信

容疑者のしたことは断固として拒絶する。だが、彼の考えを突き詰めていったとき、私たちが日々の暮らしで馴染んでいる経済性や効率といった価値観を極端な形であれ、体現しているにすぎないのではないか。そう思えてくる。

 踏み込んで言えば、彼はある意味で、現状の世のあり方によく適応し、「健常に」育ったのかもしれない。培った健常さが障害者の抹殺に行き着いたとすれば、その凶暴性は人間の本能に根をもっているはずだ。

 本能のままの振る舞いと凶暴性に境界はあるのか。人間にとってのノーマルさ、障害とは何か。



この記事では、
なんだか、武術?とか福祉?の専門家の意見聞いてるんですよ。
そしてその専門家と言われる人が、いろいろ蘊蓄語っているんです。

でもね、なにも
無為自然だとか絶対矛盾だとか、頑張って使わなくてもいいんじゃないかと思ってしまうんですよね。
あるいは
未開の部族を持ってきたりされると、半世紀前の社会学者なんかのドキュメンタリーみたいで^^
少し辛いものがあるんですよね。

記事にするためにはインパクトが必要らしいから、仕方がないんだろうけど
読んでいて、懐かしくなりましたよ。
「おお、そんなアプローチがまだ生き残っていたんだ!」
と。

わざわざ、武術とか未開部族とか持ち出さなくても、
簡単に例が転がっているんじゃないかなと。

私なんて、
親の世代と私、そして子供の世代の価値観比較とか
金持ちと貧乏人の考え方とか
あるいは
単純に家にいるネコ見ただけでも、
ノーマルとか正常なんて、一種の異常な状態としか思えないんですよね。


愉快な例を考えると

人間がもともとはドラキュラ(生き物殺さずに食物を摂取できますよね)だったのに、その平和な社会に
生き物を食べる恐るべき人間(相手を殺さないと摂食が困難)が突然生まれてきたらとか

宗教が無い平和な世界(基本的にみな平等)に、突然宗教を思いついた危険な人間(神が出てきて絶対的差別が生じる)が出てきた時とか

黒人の世界(基本的に人はもともとは黒人であったはず)に白人が生まれて、自分は白くてきれいだから偉いと言いだし始めるとか

そんなバカなこと考えると、
如何に、常識とかノーマルとかは、それっておいしいの?
なんて感じになると思うんですよね。

セミリタイヤしたおっさんともなると
ヒマなもので、こんな妄想をしているんですよ。
ホント、ヒマ人には困りますね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

結局は世の中、強者とか多数派が正しいとされるってことですね。

家畜なんかにしてみたら、人間って本当に血も涙もない鬼なんでしょうね。自分たちの種の方が先なのに。
なのに人が人を殺したら厳しく罰せられるという常識も、家畜から見たら異常に映るでしょうなあ。

Re: No title

プライアさん、コメントありがとうございます

> 結局は世の中、強者とか多数派が正しいとされるってことですね。

そうなんですよね^^

ただ、最近は、余裕のある人が多くなりビジネスチャンスも広がったためか
マイノリティビジネスも花盛りですね。


>
> 家畜なんかにしてみたら、人間って本当に血も涙もない鬼なんでしょうね。自分たちの種の方が先なのに。
> なのに人が人を殺したら厳しく罰せられるという常識も、家畜から見たら異常に映るでしょうなあ。

ホント、地球上の生物の恨みを一身に背負うのが、人間でしょうね^^;
ベジタリアンです、なんて言っても
「ものも言えない抗議もできない植物殺して食べているのに、自分たちは清廉潔白だと思っている、あんたたちが一番罪深い」
なんて言われそうですwwww

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング