記事一覧

ロボ・アドバイザーはラップ口座を飲みこむか?

すでに、「楽ラップ」なんてものがあるのでいまさらなお話なんですけど。

ロボ・アドバイザーが乱立しサービスの多様性を競い合い、
価格競争も進み、選択の多さが使用者の混乱を招き始めている状況だから
次のステップに行く時期なんじゃないでしょうか。
なんて思うんです。

急増するロボット資産運用 「ウォール街を占拠せよ」発のアプリも
Forbes JAPAN 12/28(水) 7:00配信
この記事の中に紹介されれいるだけでも以下のような企業とサービスが見られます。

「Robinhood」:現時点では100%無料でサービスを提供。将来、用取引の顧客に資金を融資するマージンローンの金利などで収益化を図る予定。
「Wealthfront」:最初の1万ドルまでが無料で、これを超える資産には年率0.25%の手数料がかかる。現在の運用資産は30億ドル以下。
「Betterment」:投資資金1万ドル以下の場合は手数料が月額3ドル、1万ドルから10万ドルの場合は0.25%、10万ドル以上の場合は0.15%。
「Motif Investing」:テーマ別に投資ができる「Motif」という商品を個人投資家向けに販売しているほか、手数料と管理費が無料の「Horizon Motif」を9本販売している。
「Intelligent Portfolios」:チャールズ・シュワブが3月に立ち上げた新サービスで管理費や取引手数料が無料だが、ポートフォリオに組み込むシュワブのETF信託報酬がやや高めになる。リリースからわずか5か月で預かり資産が41億ドル。
「Personal Capital」:個人資産を管理するためのダッシュボードを無料で提供。オプションサービスを利用する場合は手数料が投資資金の0.89%。
「Personal Advisor」:バンガードが今年5月に始めたサービスで、ロボアドバイザーと人間のアドバイザーを組み合わせている。手数料は預かり資産の0.3%。既に260億ドル(約3兆円)を運用している。

手数料もサービス内容も、多種多様ですね。
ロボ・アナライザーの時代なんでしょうね。
一方これだけ多種多様だと確かに、使用者は迷うかもしれない。

すでに、シュワブや、バンガードと言った、既存の大手金融機関も参入していますね。
シュワブは管理費や取引手数料を無料で提供しています(信託報酬やや高めのETF売ってるけど、さらにMMFの配分多いらしいけど)
バンガードはロボットと人間のアドバイザーを共に利用できるだービスで、手数料が0.3%としています。こうなると、ラップ口座と何が違うのか、素人の私にはわかりません。


一方で日本はどうなんでしょう
少し調べてみると、投資一任型では
楽天証券 「楽ラップ」
MSV LIFE(マネラップ)
エイト証券 「8 Now!」
THEO(テオ)
Wealth Navi
などがあるようですね。どこも手数料は1%以下がデフォのようです。
この1%以下というのは買い付け売却手数料、投資顧問料、信託報酬、などを含んでの額であることが多いので、すごいことかもしれません。けど、どうしても上記の記事の内容を読んだ後だと、見劣りしてしまいます。

それでも、時代は結構動いているのかも、なんて思っていると。
こんな記事がありました。

インタビュー:ファンドラップ残高を2─3年で3兆円に=大和証社長
ロイター 12/28(水) 6:36配信

これは既存の大手証券トップの方のお話ですね。

──大和のファンドラップの残高は約1.6兆円だが、今後の目標は。

「1月末あたりに100万円より下の金額で始められるファンドラップ・オンラインを導入し、ロボアドバイザーの機能もつける。(残高は)多ければ多いほどいい。2─3年で3兆円、今の倍くらいになれば妥当なところかと思う」


と発言しているんです。
ロボ・アナライザーも導入するんですね。

この証券会社では
ファンドラップフィー(投資顧問料+取引等管理手数料)が5000万円以下で、1.512%。
さらに、ファンドラップ専用投資信託の信託報酬が概算で0.77%~1.41%(年率・税込)かかります。

なんと、年間2~3%が手数料としてかかるんですよね。
個人的な意見ですけど、完全に時代に取り残されているんじゃないでしょうか?
もちろん、良い点はあるのでしょうけどね。

う~~ん
ロボ・アドバイザーとラップ、垣根が消失しているように思うんです。
そんな中、情報弱者を狙っているんじゃないのと疑ってしまいたくなる
このようなビジネスモデルにしがみつく時代は、
すでに終わっていると思うんですけどね。

すでに、日本の既存在来型大手ラップ口座は、ロボ・アドバイザーとフリーミアムを中心とした
価格競争に飲みこまれ、太刀打ちできないんじゃないかと思っちゃうんです。
団塊の世代終了ととともに、消え去るんじゃないかなぁ。
それは、私のような無知な人間だからそう思うんですかねぇ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング