記事一覧

個人的な意見だけど、資産運用、この人には頼みたく無い

いまだに、こんなタイプのFPの方がいたのかと
懐かしいやら、興味深いやらです。

あと、完全に個人的な意見なんですけど
私はこの方に資産運用の相談はしたくないと思います。


シニアの資産運用をプロが指南 50代は増やす、60代は守る
NIKKEI STYLE 12/27(火) 7:47配信
という記事読んだんですよ。

定期的な現金収入があり投資期間も長い50代と、リタイア後の60代では、資産運用の目的やスタンスが変わってくる。個人向け資産運用支援サービスを手掛けるガイアの中桐啓貴さんに、各世代の投信ポートフォリオを聞いた。

という書き出しです。
記事の中で50代のポートフォリオ例が出ていて、
「細かく分割しているなぁ」とか
「結構複雑な商品を組み込んでいるなぁ」
なんて感想を持ったんですよね。

まぁ、でも50代だし、定期収入もある時期だし、投資始めたばかりならいろいろ手を出したいかも
それならこんなものかもしれないかな、なんて思って、読み進めて行きました。

60代では

こうして50代で殖やした老後資金が、60代以降の生活を支える。

 リタイアで年金以外の収入が乏しくなると、毎月の生活費の一部を運用資産で補う必要が出てくる。そこで考えたいのが、下図にあるような「コア資産」と「インカム資産」の2分割だ。資産の役割を明確に分けて運用していく。


という考えの元、以下の二つに資産を分けて運用していくんだそうです。

コア資産:老後も中長期で育てていくための資産。
インカム資産:生活費の足しとして、分配金を得るための資産だ。基本的には、毎月分配型投信を用いる。

確かに、運用中心の資産と、生活資金のための資産に分割するのはあるよなと思います。
ただ、その運用商品見たときに、私個人的には結構衝撃受けたんです。

だって、コア資産とインカム資産と分類しているから、
コア資産はキャピタルゲインを考えた運用中心資産、インカム資産はインカムゲインを考えた安定的資産と思うじゃないですか。
ところが

インカム資産として選択されている金融商品が
ニッセイJ-REITファンド(毎月決算型) 資産配分20% 信託報酬1.08%
優先株ETFファンド(毎月分配型・ヘッジあり) 資産配分40% 信託報酬1.08%
野村PIMCO・世界インカム戦略 ファンドCコース(為替ヘッジあり・毎月分配型) 資産配分40% 信託報酬1.8144%
これでインカム資産の資産配分100%ですね。

あの、この「野村PIMCO・世界インカム戦略」って、今年設定されたファンドですよね。
リスクの定量的分析の公表なし、実績なし(6月からは分配金出てはいるけど)、ベンチマークなしですよ。
そんなもの60代のインカム資産の中心に勧めちゃっていいの???

個人的には、目が点になりました。

インカム資産と言っているけど
これって、ハイコスト・ハイリスク・なんじゃないの?
高齢者(60代)に勧めちゃいけないんじゃないの?
と思ってしまったんです。

60代の方が、この資産配分で資産の価格変動に耐えられるの??
J-REIT 20%、内外株式 40%、新興国およびハイイールド債含めた内外債券に40%なんですよ!

記事内では1000万円の資産をインカム資産として運用するとしているので
毎月信託報酬だけで、1万円以上支払うことになります(購入時手数料は含んでいません)。
さらに分配金にも課税されますね。


もちろん、このような金融商品が好きな方もいらっしゃるのでしょう。
考え方はいろいろあるでしょう。

ただ、個人的には
私はこの方には相談したくないなと思ってしまいました(イヤ、その前に私の資産運用なんて誰も関わりたく無いですね^^;)。
この意見は個人の好みなので、
無視してくださいね^^

投資は自己責任です
このブログは参考にはなりません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

投資信託

投資信託って
皆さん どうやって選んでいるのだろう

いろセカさんは何か判断材料があるんですか

Re: 投資信託

消費しないピノキオさん、コメントありがとうございます

> 投資信託って
> 皆さん どうやって選んでいるのだろう
>
> いろセカさんは何か判断材料があるんですか

私の場合は、インデックスなので
何も考えなくて良いので、気が楽です。
ノーロードで、信託報酬安くて、基準価額やベンチマークがはっきりしていて、乖離要因が少なくて、単純なわかりやすい物を買ってます。
これからは「時価総額加重平均型」で良いのかどうかとかは考えなくちゃいけないんでしょうけど、
まぁ、めんどくさくない選択ではあるんですよね、
「時価総額加重平均型」は、他人の付けた株価に乗っかるだけの投資法なので^^。

ロボアドバイザーあるいはAIがさらに進化したとき、人の判断は取り残されるのか
それとも、職人の技が残るような感じで人の判断は基礎として残るのか?
とても気になるところです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング