記事一覧

目が覚めないほうが、幸せかもしれない

今日は暗い話題です
スミマセン。
中年の愚痴だと思って聞き流してください。

昨日、2017年度予算案が閣議決定されました。
17年度予算案を閣議決定 一般会計97兆4547億円
5年連続最大
2016/12/22 9:27
とか
<17年度予算案>財政再建見通せず 円安踏まえ税収増頼み
毎日新聞 12/22(木) 12:17配信 。
とかに出てますね。

プライマリーバランスを2020年にプラスにするという目標、厳しそうですね。
でもね、結構頑張っていると思っているんです。

下のグラフ見てほしいんです
日本名目GDPドル表示
日本の名目GDPを米ドル換算で示したグラフです。
為替による変動はあるけど、1990年ごろからあまり増えていないんです。

次のグラフです
日本と中国の名目GDPドル表示
中国の名目GDPと比較してみました。


はっきり言って、国家予算の財政再建問題は
もうこれに尽きるんだと思うんです。

次にもう一つ別のグラフ、こちらは厚生労働省からの貰ってきました
社会保障給付費
1990年には47兆円だったものが2016年には118兆円
約2.5倍に増えています。

名目GDPはほとんど増えていないのに、社会保障費はこんなに増えている
(もちろん、国庫負担分はこの中の30兆円チョイぐらいなんですよ)。

「中国のようにGDPが増えろ。」
なんて無茶なことは言いません。

たとえば、
アメリカの名目GDPは1990年に59790億ドルだったものが
2016年には185610億ドル(予測値)となっています。
実に3.1倍になっているんです。
これなら、社会保障費が2.5倍に伸びても、なんとかなります。

セミリタイヤ考えている人ならすぐわかるでしょうけど
収入が増えていないのに(GDP増えて無いよね)、支出がどんどん増えている、
そんな家に、この先に待っているのは破たんですよ。
だって、支出に歯止めが効かせられないんですから。
そしてその支出の正体は社会保障費。
まさに、稼げなくて少なくなった、なけなしのお金を社会保障費が食いつぶしている状況。
けれど、収入増のめどが立たない。
これに対して、当然、生活保護なんて言う救いは、どこからも来ませんよ(こんなでかくて、我儘な国に手助けできる国はありません)。

そのうえ、少子高齢化、もうほとんど詰んでいる国家です。

海外から見たら、
「なに暢気に暮らしているんだ」と言う状態だと思うんですよね。
ギリシャとかイタリアとか言っている場合じゃないんですね。

労働力を急激に増やすという方向が困難なら
(極めて強力に移民政策推し進めれば可能かもしれないけど、国家・国民が犠牲を払う覚悟が必要、安全に高いマージンがとられるでしょう)
生産性を上げ
付加価値を上げる
これは待ったなしの、絶対命題なんじゃないでしょうか。
財政健全化なんかでどうなる問題じゃないですよ。
大企業や金持ちから税金とればよい、なんてレベルは日本の場合はとうに過ぎました
(海外の国ではこの方法でなんとかなる国もあるでしょうけどね)。
国全体で、稼いでこない限りは、救いは無いと思うんですよね。


「我が国の技術力は世界一ぃ~~!」(あ!これは別の国の話だったかな?)
とか
「モノづくり大国、すごいぞ」
とか
言っているうちに
技術もモノづくりもキャッチアップされて
いつの間にかオーバーテイクされているんです。

変なプライド持っていたために
技術協力とか経済協力とかばかり頑張って、
あっという間に普及品では競争力ゼロ(マイナスかもしれない)
「日本の物作りは、高級品を目指す」、なんて寝言を言っているうちに
高級品も作られて。
サービス産業では、何も目を引くものが無い
「クールジャパン」だとか
「かわいい」、だとかに翻弄されていたら

典型的な没落国家になりつつあります。

インバウンド消費?
海外からの旅行客?
没落国家に、いつまでも続くわけないでしょ。

「おもてなし」って
現場の人間消耗させることで成り立っているだけじゃないの?
日本のマナーって、単に相手を優位に立たせているだけじゃないの?
なんて疑問を抱いてしまいます。


社会保障費を増額せよとか
福祉予算を増やせとか
国会議員は身を切って、範を示せとか
パフォーマンスや集票には良いけど
国内だけの現状の生活の延長上しか見ていないから、
今ある国家間にある現実問題の解決にはならないでしょう。
今の時代、如何に日本が内需国でも、鎖国できないでしょ。

ロハスでエコでスピリチュアルな生活とか、
すぐに実現できますよ
経済が破たんすれば、どうあがいても
ロハスでエコでスピリチュアルな生活、一択ですから(健康的かどうかは知らんけど、食うためには健康なんて言ってられないでしょ)。

医療や老人介護に関しては、怖くて目を背けておくしかないですね
せめて、
「虫歯で七転八倒する」とか
「虫垂炎で痛みの中、死んじゃう」、なんて江戸時代レベルは勘弁してほしいんですよ。

幸いなことに癌で死ぬ確率は低くなるでしょう。
だって、ほかの原因で死ぬ確率が高くなるから
癌で死ねなくなりそうです。

自分の世代で、
貧しさの中から立ち上がり
高度成長の中を生きて
バブル崩壊から立ち直ることなく
衰退していく姿をつぶさに見ることになろうとは
なんとも複雑です。

私は、セミリタイヤする段階で
年金制度がたとえ半額になっても大ジョブなように予測しました。
でもね、医療にかんしては、そこまでシビアに考えていなかったんです。
ただ、最近、抗がん剤オプジーボの話題をいろいろ読んで、
医療面も危ないのかもと思い始めています。
だって、将来の医療の高度化と薬剤の高価格化(膨大な開発費掛けてますよね)には怖いものがあります。
人間のエゴ(日本人なら誰もが最新では無いけど比較的新しい医療を、即座に保険適応してもらうのが当たり前と思っているでしょ。さらに医療はサービス業とまで思っている人がいますよ)
が、日本の保険医療を壊してしまうのは思ったより早いのかもしれない、と思い始めています。
私個人は、私自身にあまり多くの医療費使ってほしくないです。もっと将来に可能性のある人に使ってほしい。


本日は、とても暗いお話にしてしまいました。
ゴメンナサイ。
さえないおっさんの無知ゆえの愚痴ですので、聞き流してください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング