記事一覧

私は差別を感じている!

どんな差別感じているかって?
それは
「おっさん差別」です。

最近は、マイノリティーや弱者に対する差別に対して、
厳しい目が向けられるようになってきました。
おっさんである私が、子供のころは、普通に使っていた言葉(どんな言葉かは、ググればすぐわかりますよ^^)が
ある日突然のように、「差別用語」として使用されなくなるなんてことは日常茶飯事ですよね。

そうは言っても
今でも「○○女子」とか「おねぇ系」とか「Fラン」とか最近だと
「過労老人」とか「下流老人」なんて言う差別用語を平気で使っているメディアもあるようですけど。

とにもかくにも、
相手を意図的あるいは無意識に貶めるネーミングは気をつけるようになってきているのが
昨今の流れのように思います。

それなのに、
「おっさん」に対しては風当たりが強い
「臭い」とか「キモイ」とか「貧乏」とか「センスない」とか
もう散々な言われようです。
中には、「愛すべきおっさん」なんてやさしいこと言ってくれる人もいますけどね。

「おっさん・前期」のころまでは、あまり気にならなかったんですよ
「おっさん・前期」ってのは、何かというと。
「おっさん」も以下のように進化(退化ともいう)するんですよ。

「おっさん・初期」→20代後半から始まる、「おっさん」という、進行性であり寛解の可能性は少ない疾患が発症する時期。「おっさん・末期」とともに短い時期。青年期の意識を多分の残すために、当人の自覚が全くない時期。将来の「おっさん」の特徴を示す、特異な言動が時に見られる。「おねぇ」化により「おっさん」化を逃れようとする流れが一部にみられるが、その場合「おばはん」へと進化することが多い。

「おっさん・前期」→アラ30からアラ40頃を示す。進行に個人差が大きい時期である。まだ当人の自覚が少なく、病名を告げると怒りだす・落ち込むなどの拒否症状を示すことがある。前期終わりごろには、肉体的・精神的に「おっさん」としての全症状を示すようになる。治療は極めて困難。夜間、アルコール摂取の状態で集団で徘徊することを好む。時に非合法異性サービスに特異な嗜好性を有する集団が見られる。

「おっさん・後期」→アラ50から60前半ぐらいまで。60以後を「おっさん・末期」とする研究者もいる。ほぼ全員、病名の自覚があるが、個体差もあり頑なに理解を拒む者もいるが、これは「頭が固い」と言われるおっさん独特の症状の一端を示すものと言われる。治療を考える時期は過ぎている。夜間の集団徘徊の傾向はあるが、「おっさん・前期」に比べて衰えがみられる。しかし、理性機能の低下が出始めるため、一部の集団では、非合法異性サービスへの嗜好性増強が見られるため、警戒を要する。

「おっさん・末期」→「じいさん・初期」と重なるため、研究者によっては、この時期の存在を否定する意見もある。60後半の一時期。「おっさん・初期」とともに短い時期。頭はさらに固くなり、新たな環境への適応力が衰える。音声受容器官(要するに耳)機能の低下もあり、声が大きくなりがち。「退職」とともに、集団で徘徊する姿は少なくなるが、周囲の情報解析・判断能力の減退・理性による行動抑制機能の喪失がそんざいするため、若年異性の接近遭遇は極めて危険。特に、異性の露出部位が多い場合は厳重警戒を要する。

このような段階を踏んで、「おっさん」は「じいさん」へと変化していきます。

さて、話は戻って
私も、「おっさん・前期」のころまでは、精神的にも肉体的にも勢いがありましたから、あまり差別を意識しなかったんです。
でも、ここ数年「おっさん・末期」となり、精神的・肉体的に衰えが見え始めると、やたら気になるようになるんです。

私の家の近くの飲み屋街では、
夜になると、「女性無料」の看板を掲げたお店が登場します。
さらに「女性半額」「女性アルコール無料」なんてお店も結構あります。
すぐ近所には、「女性専用マンション」なんてものもあります。もちろん、表に書いてあるわけじゃないですよ、
でも、女性しか入居できないんですよ。
DVだって、男性が被害者の場合だって多いと思うんです。
さらに、母子家庭は良く取り上げられるけど、父子家庭は片隅に追いやられています。ある意味父子家庭の方が大変なんじゃないかと思うんだけど。
結婚すれば、「イクメン」なんてことも強要されるし(もちろん、子育ては夫婦の共同作業だと認識してますよ)。
年取って、生活苦しくても、自助努力が足りないと言われます。結婚という逃げ道もおっさんには極めて厳しい道のりです。
働く場もおっさんは限られます。専門性を持っていればいくらか可能性がありますが、単純作業の場合は、おっさんには厳しい。
個人的には、ケーキやお菓子の箱詰め作業なんてやりたいけど、とても少ない(スミマセン、個人の趣味が入りました><)。

これって、おかしくない?

おっさんが満員電車に乗ると、近くの女性が嫌がります。
あのね、私だって、イヤなのよ。
混んでなければ、近くに寄らないようにしたいんですよ。
冤罪怖いから。

公園なんかに、昼間一人でいると、不審人物並みですよ。
みんな近寄ろうとしない(ほとんど被害妄想入ってます^^;)。

さらに、「おっさん」が困っていても、倒れていても、誰も近寄りません。
まぁ、これは私も近寄らないから、仕方ないか。

このように、今の日本には、「おっさん差別」が蔓延しているのが現状です。

当然、こういった現状に問題意識を持つメディアも現れます。
差別を感じたことがある人は3割以上!問題視されにくい「男性差別」の実態
@DIME 12/20(火) 7:20配信

「男性差別」という言葉を耳にしたことはあるだろうか?初めて聞いた、もしくはなんとなく意味を知っているという人がほとんどだろう。いわゆる「女性 差別」については様々な場所、時代で議論が交わされてきた一方、「男性差別」が議論の対象となることはあまりなかった。

ということなんです。
これまで、問題化されていなかったことが問題なんです。

近年「男性差別」がじわじわと問題になってきている。日常生活における口頭での男性差別から、事件化されにくい女性から男性への暴力まで種類は様々で、中には第三者の介入が必要な深刻な被害となっているものもある。

このような深刻な事態になってきているんです。

個人的には、「男性差別」の中でも特に、「おっさん差別」の問題は特に深刻だと思っているんです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング