記事一覧

夜中に目が覚めて眠れない時、どうする?

皆さんは、夜中に目が覚めてしまって、眠れなくなる時ってありますか?
私は、結構あるんです。

フルで仕事していたころは、夜中に目が覚めてしまうのが、ホント困りました。
眠らなきゃいけないと、思えば思うほど、眠れないんですから。

夜中に目が覚めてしまう頻度、年齢とともに増えてきているように思います。
年とともに、眠りが浅くなっているんでしょうかね?
ふとした物音などで目が覚めてしまいます。
子供が夜中に帰ってきたもの音とか、誰かがトイレに起きた音、
マンションの廊下を歩く足音、ネコが布団から出て行く気配
そんな、わずかな音や感触で目が覚めてしまうんです。
年をとったなぁ、と思う瞬間です。
最近では、夜中に目が覚めずに朝まで眠れる日の方が少ないじゃないかなと思うぐらいです。。

多分、フルに仕事をしている時に
こんな状態だったら、起きてしまって眠れないそ、んな毎日に極めて強いストレスを感じたんじゃないかな。。
でも、セミリタイヤの現在、夜中に目が覚めることが、あまりストレスと感じないんです。

何しろ、最近は
「眠れないなら、起きてりゃいいんじゃないの。」
と思ってしまうからです。
どうせ、次の日、お休みの日の方が多いわけで、眠くなったら昼寝でもすればよいわけです。
たとえ、次の日仕事でも、現役バリバリのころのようなハードな仕事が待っているわけじゃないし
仕事中だろうと、眠かったら寝てしまえばよいと、開き直っているんです。

そんなわけで、夜中に目が覚めて眠れない時、
私は、特に何もしないんですよね。
時には、思い切って起きてしまって、読書したり、ネット見たりすることもあります。
そうして、1~2時間するとなんとなくまた眠くなります。
起きなくても、なにもしないでリラックスしていると、いつのまにか眠くなって寝てしまうことが良いんです。

そんなことを常日頃思っていたら

真夜中に目が覚めて眠れなくなったときの対処法
ライフハッカー[日本版] 12/10(土) 22:10配信
なんて記事がありました。

不眠症は厄介なジレンマです。眠らなくてはと思っているのに眠れないとストレスがたまりますし、そのストレスでさらに目が覚めてしまいます。そうした矛盾のせいで、私たちは真夜中に寝られないという不愉快な経験をしています。これがストレスとなり、それで目が覚めて、さらにストレスとなり・・・と延々と続くのです。


やっぱりみなさん、夜中に目が覚めてしまうことには悩まされているようです。

そして、寝よう寝ようと意識することがストレスとなって
逆に、なかなか眠れなくなってしまう、ということを繰り返しているようです。

この記事では、そんなときの対処法を

ニューヨーク大学ランゴーン校のErich P. Voigt教授は、不眠症に襲われたときでも眠りにつける簡単な解決法を紹介しています。それはただの深呼吸ですが、規則正しく鼻で息を吸って口から出すのです。その際、心の中で「落ち着いて」と自分に言い聞かせます。


と書いています。

要は、リラックスして、再び眠りにつくということですよね。
瞑想するように、静かに深く呼吸する。
これって、ストレスを減ずる効果がありそうですから
それによって、睡眠にも誘ってくれるんでしょうかね。

どこでも似たような方法で、夜中に起きてしまう。ということに対処しているんだなぁ

しかし、セミリタイアしていると
一般的にはストレスと感じることが、
全くストレスに感じないんですね。
これはとてもおもしろくかつ有難いことです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

わたしもまれにですが気がかりなことが原因で目を覚まし眠れないことがあります。だいたいが仕事関係のことで命を削っていると感じる瞬間でもあります。
時間の束縛から解放されることで心身に良い影響を与えている様子がこの記事からよくわかります。

Re: No title

かぴばらMさん、コメントありがとうございます

> わたしもまれにですが気がかりなことが原因で目を覚まし眠れないことがあります。だいたいが仕事関係のことで命を削っていると感じる瞬間でもあります。

仕事でストレス抱えている時って、眠れないですよね。
当時は、とにかく早く、資産を蓄えて、この環境から逃げたいと思っていました。



> 時間の束縛から解放されることで心身に良い影響を与えている様子がこの記事からよくわかります。


ゆっくりとした時間は、ストレス改善に最高の環境です。
ただ、人間てやつは、ストレスが少なくなるとまた別のストレスの種を求め始めることがあるので気をつけないといけません^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング