記事一覧

負担増ラッシュが始まったんだそうです?

消費税アップが、延期されて、どうなるんだろう?
なんて思っていたら、負担増ラッシュが始まったんだそうです。

負担増ラッシュが始まるも国と地方の税収は年間21兆円増

 半年前、安倍晋三首相は「内需を腰折れさせないため」と消費税率10%への引き上げを再延期し、国民は「これで大増税が遠のいた」と胸をなで下ろした。
.
 しかし、こういう時が一番危ない。財務官僚は大型増税ができないとなると、細かい増税や減税廃止、社会保険料アップで国民の負担を増やそうとする“習性”がある


と書かれています。
官僚は習性として、増税したがるらしいんです。
まぁ、確かに官僚にとって、自分の食い扶持稼ぎが税金だから、当たり前の行動のような気もします。
官僚というより、ビジネスマン一般につながる習性ですね^^。
となると、官僚の正常の活動ですから、監視機能が有効(国民及び政治家がまとも)であれば、特に問題になるような行動ではないでしょう。

案の定、今回も“消費税を上げなかった分を取り返せ”とばかりに負担増ラッシュが始まった。


消費税アップ延期が決まったから、負担増ラッシュなんだそうです。
この記事で、負担増ラッシュの例として挙がっているのが

社会保険料アップ(冒頭に出てましたね。)
来年4月に廃止されるはずだった自動車取得税の存続(これが減税廃止につながるのかな?)
来年度の税制改正で自動車やビール類への課税強化(これが細かい増税かな?)
ですね。


「財源がないなら仕方がない」と鵜呑みにするとバカを見る。実は、安倍政権になって国と地方の税収は年間約21兆円も増えている(2012年の78.7兆円から2016年見込みは99.5兆円)。2014年に消費税率を8%に引き上げた分の税収増(年8兆円)を差し引いても年13兆円の純増だ。


安倍政権下で、税収は順調に伸びているんですよね。
それでも膨大な国債償却や社会保障費を賄うには不安が残るんです。
何しろ、これほど税収が増えても、まだ税金だけでは国の一般会計を賄えないんですから、なかなか大変です。
消費税アップはどこかでやらないといけないんでしょうね。

ただ、消費税だけで一般会計賄おうとしたら
所費税率が40~50%程度になってしまいますから、こうなると、これまでのような消費生活は成り立たなくなるかもしれません。
皆さん、こぞって、プロシューマー(生産消費者)を目指す、ということになるかも。
もちろんその時はF1作物などは作れませんし、
有機農業という名の低コスト高労働栽培でしょうね。
その先には希望や未来は無いのかもしれません。

おっと、話が逸れました。

まず、安倍政権になって、はっきりとしてきた税収増ですが
これは、民主党政権時代と比べるとよくわかります。
民主党政権時代、ほんと悲惨な時代でした、思い出したくも無いんだけど
2009年9月16日から2012年12月26日までの3年ちょっとの間ですね。
今回は、税収だけ考えたいから、株価や為替に関してはなにも言いません。
一般会計税収所得税法人税
2009年度38.7兆円12.9兆円6.4兆円
2010年度41.5兆円13.0兆円9.0兆円
2011年度42.8兆円13.5兆円9.4兆円
2012年度43.9兆円14.0兆円9.8兆円
2016年度(予想)57.6兆円18.0兆円12.2兆円
このように、一般会計税収においては、当時から比べて約20兆円程度増えています。
約50%の増加と言ってよいでしょう。
いやほんと、あのままだったら、日本ダメになってたんですね。
福祉なんてどれほど崩壊していたかわかりません、稼いだ金があっての福祉ですから。
終戦当時思い出せばよくわかります。

記事の中で、
税収に関して「2016年見込みは99.5兆円」
と書いてあるのは、国と地方の合計額です。
地方の税収も、現状では順調に伸びています。
地方税収1.9兆円増の40.4兆円 15年度、8年ぶり伸び幅
伸びた原因は、消費税および法人税の伸び(前年度比で13.4%増)が中心ですね。個人住民税も増えましたが、前年度比1.3%と法人税の伸び率に比べて10分の1ほどです。ここからは、税収の伸びに個人住民税の増税ラッシュ(記事内の表現借りました)が寄与したとは考えにくいようです

次に、記事の中で
「安倍政権になって国と地方の税収は年間約21兆円も増えている(2012年の78.7兆円から2016年見込みは99.5兆円)。2014年に消費税率を8%に引き上げた分の税収増(年8兆円)を差し引いても年13兆円の純増だ」
と書かれており、消費税以外の税収増が、今回の税収増に大きく寄与していると思われる部分があります。
その税収増の中身を見ると
法人税収の増加が3~4兆円(法人税率は下がったが、企業の経常利益の増加が大きかった)
所得税収の増加が4~5兆円(株の配当税率の上昇や賃金上昇の影響)
これにより、8~9兆円の税収増となっています。
ここまでは負担増ラッシュが関与したとは言えませんね。
残り、3~4兆円の税収増があるわけですが
ここに細かい増税が入るのかもしれませんけど
安倍政権下での負担増ラッシュが原因なのかどうか、はっきりしません。

では、これからも消費税率アップなしで、税収増が続くのかと言えば
多分無理でしょう。
すでに、企業業績に頭打ちが見えてます。
さらに、法人税増加に影響を与えいた、「繰越欠損金制度」による、税収押し上げ効果も息切れです。
この、「繰越欠損金制度」っていうのは、
「トヨタが何年間か法人税免除されていて、ケシカラン!!」なんていう、妬みというか恨みというか八つ当たりというか、そんなことを言われた原因になった制度ですね^^
やっぱり、どこかで消費税率アップがやってくるんでしょうね。

ついでに
冒頭の記事で負担増ラッシュの根拠となっている
「社会保険料アップ」は、平成16年の法改正で、厚生年金保険料率が平成29年9月まで毎年アップされることに決まっていましたから、なぜいまさら、負担増ラッシュの根拠として書かれているのか、私には理解できません。
次に、「来年4月に廃止されるはずだった自動車取得税の存続」についても、自動車取得税の廃止は消費税率アップとセットになっていたはずなで、消費税率アップが延期されれば、当然、取得税廃止も延期になるでしょう。増税はしないけど、減税だけはしろ、というのも虫が良い話です。
最後に「ビール類への課税強化」なのですが、これは、ビールは値下げ、発泡酒や第3のビールは値上げとなりますね、最終的に税収増となるのかもしれませんが、負担増ラッシュなのか?と言われれば、良くわからないお話です。

なんだか、結局、負担増ラッシュって、いったい何??
という感じで終わりました。
とは言え、ここ数年の企業業績の伸びと税収の伸びは、はっきりとあったんだなという実感はつかめました。

今回も、私の備忘録の側面が出てしまいました。
つまらない話を長々と書いてしまった。

以上は、個人の感想であり、様々な意見があるのが当然と思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング