記事一覧

安楽死は避けて通れない問題、なるほど70万円か。

安易に行ってはいけないけれど、避けて通っていはいけない問題ですね。

安楽死提言の橋田壽賀子、その胸中と覚悟を明かす
NEWS ポストセブン 11/18(金) 7:00配信

お話しした通り、私は認知症になった場合を考えると、恐ろしくてたまらないのです。何もわからず、ベッドに縛りつけられて生きるなんて考えたくもない。誰にも迷惑をかけないで安らかに逝きたい。そう思ってパソコンで調べてみたら、スイスに安楽死させてくれる団体があった。費用は70万円。これだ、と思いました」(橋田)
.

 橋田が見つけたのは、スイスの医療団体『ディグニタス』。オランダ、ベルギー、ルクセンブルクでも安楽死は認められているが、「外国人の受け入れ」を許可しているのは同団体だけだった。
.

 厳密にいえば、スイスで認められているのは医師による「自殺ほう助」であり、『ディグニタス』では、希望者が提出した医療記録を審査し、治癒の見込みがないと裁判所が認めた場合に限り、致死量の麻酔薬が処方される。医師が見守る中、患者が自らの意志で点滴パックの栓を開く。20秒後、眠るように死ぬという。

これを目的にスイスに渡航する外国人は後を絶たず、チューリヒ大学によれば2008年から2012年までの5年間で、31か国611人の“自死旅行”が確認されている。年々増加傾向で、今では申込みから実行日まで、3か月待ちだという。


.

まさに今の日本で大きな議論になってほしい問題なんだけど。
回復の見込みも無いまま、意識もあるんだか無いんだの状態で
何人もが点滴をつながれ、時に人工呼吸器付けて
タダタダ生きている。
どこの施設でも見られる普通の光景です。

そりゃあ、確かに、
宗教・倫理を大上段で振りかざされると、、政治家は二の足踏むのかも知れません。
悪用する人間も必ず出てきます。
しかし今の状態でも、、
法が認めないという理由で、責任論で、本人および家族のだれもが望まないのに負担をかけつつ生かし続ける。
収容施設が安定的な収入のために生かし続ける。
身内が世間体のために年金のために只管生かし続ける。
金のため、既得権益のため、宗教・倫理上・法制度上、場合によっては票のために生かされる。
そこに、本人の意思が全く関与できない。
イヤ、それどころか、正常な状態の本人なら、絶対反対するだろう行為がなされ続けている。
そう言った事例は、どこにでも転がっているのかもしれません。
じゃなきゃ、ポックリ寺が大繁盛なんてことにはならないでしょう。

私は、イヤです。

認知症となり、自分の妻も子供も判別できない状態で
自分の体の管理もできずに、正常なときの本人の意思など無関係に
法制度が整備されていないというそれだけの理由で
生かされ続けられるのは耐えられません。

ただ生き続けるだけで、本来なら他の健康な生命が享受すべき社会資本を食いつぶしていく。
それはまさに地上に現出した地獄です。

高齢者の一番の恐怖は死ぬことじゃなくて(当然、死ぬことが一番怖いという方もいるとは思います)
自分の意思など全く関係なく、よそ様に迷惑かけながら
動くこともできないまま
生かされてしまうということなんじゃないかな。


一日も早く、真摯な議論を行ってほしい。
平均寿命を延ばすことよりも、高齢になることにより発生する癌の治療より(若年で発症する癌はとてもイヤですから治療法確立してほしいけど)、はるかに緊急性の高い問題です。


弱って弱って、動けなくなる前に
認知症が進行してまともな判断ができなくなる前に
自分の始末は自分で行いたいんです。

死の始末さえも、海外に頼らないといけないんでしょうかねぇ。
私ゃ、ボケながら飛行機乗りたく無いですよ^^

葬式なんて金かけないでよいと思っていたけど
思わぬところで、死ぬにもお金かかりそう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

文藝春秋の記事の方を読みました
橋田壽賀子は自分でスマホで安楽死するにはどうすれば調べたらしいですねw
世の中に問題提起をするためにスイスに行ってでも
安楽死をしようとする人のドラマを作ってくれないかなぁ

No title

安楽死できるようにしてほしい。その境遇になるとそう思う人は多いと思います。生きたい人はどうぞ

No title

自殺許容と健康余命の違いを議論して安楽死の法制化を考えてほしいですね。

『ディグニタス』

興味あります。
自死旅行いくらかかるんでしょう?

Re: No title

retire2kさん、コメントありがとうございます

> 文藝春秋の記事の方を読みました
> 橋田壽賀子は自分でスマホで安楽死するにはどうすれば調べたらしいですねw

91歳で、スマホで調べる
私もそうでありたいです^^

> 世の中に問題提起をするためにスイスに行ってでも
> 安楽死をしようとする人のドラマを作ってくれないかなぁ

そんなドラマが作られたなら
真剣に見てみたいです。

Re: No title

たんちんさん、コメントありがとうございます

> 安楽死できるようにしてほしい。その境遇になるとそう思う人は多いと思います。生きたい人はどうぞ

とにかく、法整備に一歩前に踏み出してほしんですよね^^
現状では、未来が見えてきません。

Re: 『ディグニタス』

pinさん、コメントありがとうございます

> 興味あります。
> 自死旅行いくらかかるんでしょう?

70万というのはあくまでも、この団体への費用でしょうね。
これ以外に、交通費や人件費(高齢者が一人で飛行機でスイスまで行けないですよね多分。)、死後の遺体処理費用(地元の人間では無いので費用は高くなりそう)等
結構かかりそうですね。

Re: No title

Colorless Freedom さん、コメントありがとうございます

> 自殺許容と健康余命の違いを議論して安楽死の法制化を考えてほしいですね。

死と隣り合わせの時代とは異なり、生き続けることが問題となる時代なので
議論と法制化は必須だと思うんですよね。
不備は修正していけばよいんですから。

No title

70万か、意外に安い、と思ったらそれだけではないのですね。
日本は老人の医療費が暴騰していくわけで、どこかでふたをしめないといけないですから。
もし日本が何もしなくても、こうして外国にいってやるだけのことでしょうね。
しかし3か月待ちか、その待ってる間に逝ってしまいそうw

Re: No title

招き猫の右手さん、コメントありがとうございます

> 70万か、意外に安い、と思ったらそれだけではないのですね。

そうなんですよ。
結局、ほかにもいろいろ費用がかかります。

> 日本は老人の医療費が暴騰していくわけで、どこかでふたをしめないといけないですから。
> もし日本が何もしなくても、こうして外国にいってやるだけのことでしょうね。
> しかし3か月待ちか、その待ってる間に逝ってしまいそうw

日本国内にも、巨大な市場があると思うんですけど
誰も怖くて手がつけられないようですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング