記事一覧

孤独は現在の私に許されている贅沢の一つだと思っています

最近、孤独が忌み嫌われているような気がします。

私は、孤独、結構好きなんです。

誰もいない時間、全く会話も無く、気も使わなくていい時間。
大好きです。

孤独を「社会的孤立」という感じで考えると、
いまの時代は、そんな状態にあるのは不味いんじゃないかと考える人が多いようで
そんな状態の人は「パーソナリティ障害」なんじゃないの?
なんて言われてしまいますよね。
私も、自分が「パーソナリティ障害」大いにあるんじゃないかと思っていたんです。
一般的には、7人に一人はパーソナリティ障害だとか、15%はパーソナリティ障害と言われていますから。

私のように、ストレスのために自律神経失調症と言われて休職したり、
その流れでのセミリタイヤとなったおっさんなら、高確率でパーソナリティ障害なんじゃないかと思うんですよ^^

この「パーソナリティ障害」というものを見てみると
米国精神医学会のDSM分類と、WHOのICDというも物が主流のようですね。

今回は、DSM分類で「パーソナリティ障害」を見てみます。

パーソナリティ障害の全般的診断基準
その人の属する文化から期待されるものより著しく偏った、内的体験及び行動の持続的様式。この様式は、以下の領域の2つ(又はそれ以上)の領域に現れる。
 (1)認知(すなわち、自己、他者、及び出来事を知覚し解釈する仕方)
 (2)感情性(すなわち、情動反応の範囲、強さ、安定性、及び適切さ)
 (3)対人関係機能
 (4)衝動の制御

その持続的様式は柔軟性がなく、個人的及び社会的状況の幅広い範囲に広がっている。

その持続的様式が、臨床的に著しい苦痛、又は社会的、職業的、又は他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。

その様式は安定し、長時間続いており、その始まりは少なくとも青年期又は成人期早期にまでさかのぼることができる。

その持続的様式は、他の精神疾患の表れ、又はその結果ではうまく説明できない。

その持続的様式は、物質(例;乱用薬物、投薬)又は一般身体疾患(例;頭部外傷)の直接的な生理学的作用によるものではない。


これに適合するとパーソナリティ障害なんだそうですけど。
自分が当てはまるのかどうか、良くわかりません^^

ということで

「社会的孤立」を引き起こす、比較的良く見られる、パーソナリティ障害を見てみます。
ちなみにDSMでは、パーソナリティ障害を3つのカテゴリに分けて、さらに10種類に分類しています。


男性で多いのは回避性パーソナリティ障害だそうで、統合失調質パーソナリティ障害(統合失調型パーソナリティ障害とは異なる)も女性よりは男性に多いらしい。

女性で多いのは依存性パーソナリティ障害や境界性パーソナリティ障害なんだそうです。

まずは男性で良く見られる、回避性パーソナリティ障害の診断基準を見ると

DSM‐Ⅳによる回避性パーソナリティ障害(Avoidant Personality Disorder)の診断基準
A.社会的制止や不適切感、自己に対する否定的評価に対して過敏性の広範な様式であり、成人期早期に始まり種々の状況で明らかになる。以下の7つの基準のうち、4つ以上があてはまる。

1. 人からの批判、否認もしくは拒絶に対する恐怖のために、重要な対人接触のある職業的活動を避ける。

2. 相手に好かれていることを確信できなければ、他人と関係を持ちたいと思わない。

3. 恥をかかされることや馬鹿にされることを極端に恐れて、親密な関係の中でも相手に遠慮してしまう。

4. 人が集まる社会的な状況で、人に批判されることや拒絶されることに心が捕らわれている。

5. 『自分は人と上手く付き合えない』という不適切感によって、新しい対人関係がつくれない。

6. 自分は社会的に不適切である、自分には長所がない、または他の人よりも自分が劣っていると思っている。

7. 恥をかくかもしれないという理由で、個人的な危険を冒すことや何か新しい活動を始めることに対して、異常なほど引っ込み思案である。



これは、自分に当てはまる部分が結構ありそう。

次に、女性より、男性に多いと言われる統合失調質パーソナリティ障害を見てみると

DSM‐Ⅳによる統合失調質パーソナリティ障害(Schizoid Personality Disorder)の診断基準
社会的関係からの遊離、対人関係状況での感情表現の範囲の限定などの広範な様式で、成人期早期に始まり、種々の状況で明らかになる。以下の7つの基準の内、4つ(またはそれ以上)によって示される。

1. 家族を含めて人と親密な関係を持つことを楽しいと思わず、親しい関係を持ちたいとも思わない。

2. ほとんどいつも孤立した行動を取る。

3. 他人と性体験を持つことにほとんど興味がない。

4. 趣味のような喜びを感じる活動にあまり関心がない。

5. 親、兄弟姉妹以外に親しい人や信頼できる人がいない。

6. 他人の賞賛にも批判にも無関心に見える。

7. よそよそしく冷淡である、感情が平板化しており情緒性がない。


なんか自分とは違うようです。
ここまで無関心にはなれません。



一応、女性に多いとされる依存性パーソナリティ障害を見てみます

DSM‐Ⅳによる依存性パーソナリティ障害(Dependent Personality Disorder)の診断基準
A.他人に世話をされたいという過剰な欲求があり、そのために従属的でしがみつく行動をとり、分離に対する不安を感じる広範な様式である。成人期早期に始まり、種々の状況で明らかになる。以下の8つの基準のうち、5つ以上があてはまる。

1. 日常の些細なことでも、他人から有り余るほどの助言と保証が無ければ決断できない。

2. 自分の生活のほとんどの主要な領域で、他人に責任をとってもらいたがる。

3. 他人の支持または是認を失うことを恐れて、他人の意見に反対を表明することが困難である。

4. 自分の判断や能力に自信がないため、自分で計画を立てたり物事を決めることができない。

5. 他人から愛情や支持を得るために、自分の不快なことでもやってしまうことがある。

6. 自分で自分のことができないという強い恐怖や無力感を感じている。

7. 親密な関係が終わったときに、自分を世話して支えてくれる別の関係を必死で求める。

8. 自分が世話をされずに放っておかれるという恐怖に、非現実的なまでに捕らわれている。



あ!これ全く自分には当てはまらないなぁ。

最後に、境界性パーソナリティ障害も見てみます。
これは女性では良く見られるようです。

DSM-IV-TRの診断基準では、以下9項目のうち5つ以上を満たすこととなっています。
対人関係、自己像、感情の不安定および著しい衝動性の広範な様式で成人期早期に始まり、さまざまな状況で明らかになる。
1.現実に、または想像の中で見捨てられることを避けようとする気も狂わんばかりの努力(注:5.の自殺行為または自傷行為は含めないこと )
2.理想化と脱価値化との両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる不安定で激しい対人関係様式
3.同一性障害:著明で持続的な不安定な自己像や自己観
4.自己を傷つける可能性のある衝動性で、少なくとも2つの領域にわたるもの(例:浪費、性行為、物質濫用、無謀な運転、むちゃ食い)
5.自殺の行為、そぶり、脅し、または自傷行為のくり返し
6.顕著な気分反応性による感情不安定性(例:通常は2 - 3時間持続し、2 - 3日以上持続することはまれな強い気分変調、いらいら、または不安)
7.慢性的な空虚感
8.不適切で激しい怒り、または怒りの制御の困難(例:しばしばかんしゃくを起こす、いつも怒っている、取っ組み合いのけんかをくり返す)
9.一過性のストレス関連性の妄想様観念、または重篤な解離性症状


う~~~ん、こんな衝動はほとんど持っていませんね。
こりゃ違うな。

最後にDSM分類の「パーソナリティ障害」3つのカテゴリと10の分類を示しておきます。
wiki先生からのコピペです。

A群(クラスターA)、奇異型 (odd type)風変わりで自閉的で妄想を持ちやすく奇異で閉じこもりがちな性質を持つ。

301.0 妄想性パーソナリティ障害 Paranoid personality disorder
     世の中は危険で信用できないとして、陰謀などを警戒しており、自己開示しない
301.20 スキゾイドパーソナリティ障害 Schizoid personality disorder
     とにかく1人で行動し、友人を持たず1人で暮らすことを望む。
301.22 統合失調型パーソナリティ障害 Schizotypal personality disorder
     幻覚や妄想といった統合失調症と診断されるような症状はなく、病的ではない程度の風変わりな行動や思考を伴っており、人生の早期に表れそして通常一生持続する。しかし、現在ではより受け入れられやすいアスペルガー障害とすることも多い。

B群(クラスターB)、劇場型 (dramatic type)感情の混乱が激しく演技的で情緒的なのが特徴的。ストレスに対して脆弱で、他人を巻き込むことが多い。

 301.7 反社会性パーソナリティ障害 Antisocial personality disorder
      少年期の素行症による非行の段階を経て、利己的で操作的な成人となり、人を欺くが周囲には気づかれにくい。中年になると落ち着くことも多い。
301.83 境界性パーソナリティ障害 Borderline personality disorder
     他者に大きな期待を抱き、非現実的な要求によって人を遠ざけてしまったり、喪失体験をしたときに、自傷行為に至ることがあり、不安定な自己の感覚や人間関係があり、衝動的な側面を持つとされる。中年になると落ち着くことも多い。
301.50 演技性パーソナリティ障害 Histrionic personality disorder
     自己顕示性が強く、その時に演じている役柄に影響され、大胆に振る舞う。
301.81 自己愛性パーソナリティ障害 Narcissistic personality disorder
     他者に賞賛を求め、自分が特別であろうとし、有名人との関係を吹聴したり、伝説の人物のつもりでいて、他者の都合などは度外視している。

C群1(クラスターC)、不安型 (anxious type)不安や恐怖心が強い性質を持つ。周りの評価が気になりそれがストレスとなる性向がある。

301.82 回避性パーソナリティ障害 Avoidant personality disorder
     人付き合いが苦手であり、批判や拒絶に敏感であり、新たな関係を避けがちであるが、スキゾイドパーソナリティ障害とは異なり、人間関係は希求しており、親しい人を何人か持っている。青年期前後にさらに回避的になってくることがあるが、加齢と共に寛解してくる傾向がある。
301.6 依存性パーソナリティ障害 Dependent personality disorder
     何かを決めることも、身の回りのことも手助けが必要であると感じている。
301.4 強迫性パーソナリティ障害 Obsessive-compulsive personality disorder
     完璧主義であり、他者に仕事を任せられず、くつろぐことも、気のままに行動することもできない。

その他
301.9 特定不能のパーソナリティ障害 personality disorder Not Otherwise specified
     2種類以上のパーソナリティ障害の特徴を示しながら、単独では診断するほどの重症さはない場合など




コピペばかりで長くなりました。
どうも、自分はもし、パーソナリティ障害ならば、回避性パーソナリティ障害
である可能性が高いような気がします。
他のパーソナリティ障害は、あまり当てはまらないような気がします。


本日のブログは、完全に、備忘録化してしまいました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

私も団体行動は駄目で一人が心地いいです。我侭な性格ですから人となかなか会わないんですわz

Re: No title

たんちんさん、コメントありがとうございます

> 私も団体行動は駄目で一人が心地いいです。我侭な性格ですから人となかなか会わないんですわz

一人の心地よさ。
これを実感すると、もう手放せません。
人と会うのがめんどくさくてめんどくさくて。

No title

本当に病的な行動様式以外の分類は想像ができない人のこじ付けみたいな気もしますけどw

No title

どうやら、いろセカさんと私は似たもの同士のようです
私も全く一緒です
スケジュールが空っぽだと落ち着くし
ひとりで散歩したり、就寝前の時間がとても楽しいです

今、ベランダにハンモックを吊るせないか
どこに吊るせるかなってことを、ずっと考えています

No title

このへんのことはリタイア後にモヤモヤしながら色々考えていた時に私も調べたんだけど、回避性パーソナリティ障害の可能性は高い気がしました。

でも度の違いこそあれ、男なら大体どの項目も少しは当てはまる気もします。診察を受ければはっきりするんでしょうが、そこまで差し迫ってないしなあ。

Re: No title

Colorless Freedomさん、コメントありがとうございます

> 本当に病的な行動様式以外の分類は想像ができない人のこじ付けみたいな気もしますけどw

多くの医師が、新たな病名つけたいと、虎視眈々狙っているんじゃないですかね^^
精神科領域は、特にそんな傾向があるんじゃないかと疑ってしまいます。

Re: No title

消費しないピノキオさん、コメントありがとうございます

> どうやら、いろセカさんと私は似たもの同士のようです
> 私も全く一緒です
> スケジュールが空っぽだと落ち着くし
> ひとりで散歩したり、就寝前の時間がとても楽しいです


そうなんですよね^^
なにもしなくて良い時間、これがとっても嬉しいんです。
人とかかわらずに、自分勝手にやれる幸せ。

>
> 今、ベランダにハンモックを吊るせないか
> どこに吊るせるかなってことを、ずっと考えています

あはは^^
息子が時々、自分の部屋にハンモック吊ってます^^

Re: No title

プライアさん、コメントありがとうございます

> このへんのことはリタイア後にモヤモヤしながら色々考えていた時に私も調べたんだけど、回避性パーソナリティ障害の可能性は高い気がしました。
>
> でも度の違いこそあれ、男なら大体どの項目も少しは当てはまる気もします。診察を受ければはっきりするんでしょうが、そこまで差し迫ってないしなあ。


回避性パーソナリティ障害の診断基準見ると
日本人のビジネスマンなら、大なり小なり誰もが持ち合わせていそうな項目ですよね^^

診察受けても、診断するのが医師という人間だから、基準から大きく外れている病的な状態でもない限り
その人の人間に対する見方や、医療・診断基準と言ったことに対する考え方で大きく左右されそうな気がしてしまいます。

そのために、日常生活に大きな支障が無い限りは、受診という選択はなかなかできないんですよね^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング