記事一覧

iDeCoで一番かかる手数料は・・・

個人型の確定拠出年金「 iDeCo(イデコ)」なんですけど
今現在も、手数料が下がっていますし
さらには、
運用商品の中に低信託報酬の投資信託がどんどん増えています。
まさにありがたい限りなんですけど
その中で、まったく変わらないものがあります。

それが
事務委託先金融機関と国民年金基金連合会へ支払う手数料です。
これが、まったく変わらない。
いやほんと、
iDeCoを開設する人が増えたら
この手数料は減るんじゃないかと期待しているんですけど。
いまのところ、変わる様子が無い。
2008年当時 国民年金基金連合会の月額費用100円+事務委託先金融機関の月額費用63円=163円
2016年現在 国民年金基金連合会の月額費用103円+事務委託先金融機関の月額費用64円=167円
なるほど、8年たって消費税分が増えた以外は全く変化ないですね。さすがお役所仕事です。

なんだかねぇ。

一度決まってしまうと、そのままなんでしょうか?
既得権益は手放さないということなんでしょうか?

「JAの手数料は、職員の給与を保障するために、下げることはできない」
なんて言う話があったとか無かったとか聞くと、とても残念なんですよね。

パイの拡大に伴う収入の増加に合わせて効率化しないと
アイシェアーズやブラックロック、バンガード、軟化にバカにされるんじゃないかと思うんですよね。
国民年金基金連合会は確定拠出年金の運用商品開発しているわけでもなんでも無くて
事務手続きも代行してもらっているんだから、
存在意義が少ないんだから
少しは企業努力(企業じゃなくて法人だけど)をしないと
将来批判に晒されるんじゃないかなぁ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング