記事一覧

やりきれない過労死

最大手の広告代理店、入社一年目の社員の方が亡くなられて
労災認定を受けました。
過労死ということでしょうか?

亡くなられた方のことを、私は全く知りませんが、
自分の子供とほぼ同じ年代の方の過労死という記事を見て
とても他人ごととは思えず、
その記事を見た日は、なんとなく憂鬱でした。

私から、子供に対しては、何も言わなかったのですが
子供の方から、
「大手広告代理店の社員の方が過労死したね。」
と言われて、ドキッとしました。

ネットでは、さまざまなことが言われています。
「そんな辛いなら、辞めればよかったのじゃないか?」
「なぜ、社内制度は有効に活用されなかったのだ?」
などなど

まことにもっともなご意見だと思います。
大手の企業ですから
人件に配慮した素晴らし労働環境が整備され、
福利厚生にも配慮されていたと思うんです。
ご本人も、大変優秀で、将来を大いに嘱望されていたはずです。
そんな中でも、過労死が発生してしまいました。

そういえば、
私が休職に至る前にも
「辞めたい、死にたい」と思いながら
何年も苦しみ続けました。
その時、死を選ばなかったのは、
「家族がいたから」という
単純な理由なんじゃないかと勝手に思っています。

もし、あの時
休職を選択しなかったら、今頃どうなっていたんだろう?
なんて思います。

あの、追い詰められていたとき
私自身は、「辞める」とか「休職する」という選択は、なかなかすぐにはできませんでした。
いま思えば、もっと早い時期に
精神科等に通院して、診断書を貰って
休職するとか、思い切って転職していれば
また違っていたんじゃないかとは思うんですけど、
あの時は
「もう少し頑張らないと」とか
「家族を養わないと」とか
「ダメ人間になりたくない」とか
いろいろ考えてしまって、まともな選択ができなかったように思います。

ストレスへの耐性は、ストレスの強度やストレスの種類によって個人差が大きく異なります。
ある人には、簡単に耐えられるストレスも、別の人には耐えがたい物に感じます。
その影響を判断するのは
最終的には専門家なのかもしれないけど
まずは、自分がそのストレスをどのように感じ、どの程度耐えられるのか
ということについて、ある程度は判断できるような状態は維持したいのです。

何しろ、企業サイドで対外的には整えられているとされている福利厚生等の労働環境は
社員がいつでもだれでも充分に活用できるのかどうかは、
内部の人間でもその時にならないと、正確には判断できないでしょうから。
たとえば、会社のトップが本気になって、労働環境改善を望んでいても、直接の上司が
体育会系のイケイケだったらどうなんだろう?
また、企業トップや上司が社員の精神衛生に気を使っていても、クライアントがクレーマーだったらどうなんだろ?
あるいは、仕事の環境は良くても本人が完璧主義過ぎたらどうなんだろ?
などなど、
さまざまな段階で、問題が発生するわけで、
まずは、自分で自分の状態をある程度判断できることは結構大事なんじゃないでしょうか。

私は、子供に対して
「自分で、マズいと思ったら、すぐに診断書貰って休職しろよ。」
と言っています。
甘い親だな、と思われるかもしれませんけど
子供に過労死なんてされたら、たぶん私は、自分のことを一生許せないはずですから。
もっとも、
その最初の、「マズい」、という感覚をもてるかどうかが重要なんですけどね。
そのためにも、会社に埋没して社畜化してしまう、なんてことがないように、会社と適度な距離を取ってほしいと思っています。

今回、亡くなられた方には哀悼の意を表したいと思います。
また、ご家族の方にはこころよりお悔やみを申し上げます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

我慢強いタイプは我慢せずに、そうでないタイプは好きな仕事を見つける。無い物ねだりのようですけど。

No title

いろいろでセカンドライフさん
とても苦労されたんですね

会社と適度な距離を取る

これに尽きると思います

No title

敵さんもいい感じで飼いならしに来ますからねえ。どうしても休職や退職は最後の最後の決断になってしまい、手遅れになりがち・・・・これは変わりようがないでしょうね。

頑張る奴ほど辛さを隠しますし、鬱や過労になる奴ほど頑張る奴なんですから。

Re: No title

たんちんさん、コメントありがとうございます

> 我慢強いタイプは我慢せずに、そうでないタイプは好きな仕事を見つける。無い物ねだりのようですけど。

やり続けられる持続力と、仕事を好きになれる才能が併せ持てれば、最強なんでしょうね。

Re: No title

消費しないピノキオさん、コメントありがとうございます

> いろいろでセカンドライフさん
> とても苦労されたんですね

苦労に対する耐性が、ほかの方々よりも低かったんだろうなと思っています。
それも個性ですね^^

>
> 会社と適度な距離を取る
>
> これに尽きると思います

囚われてしまうと、ドンドン自分が追い込まれてしまいます。
距離を置いて見られることがホント大切ですね。

Re: No title

プライアさん、コメントありがとうございます

> 敵さんもいい感じで飼いならしに来ますからねえ。どうしても休職や退職は最後の最後の決断になってしまい、手遅れになりがち・・・・これは変わりようがないでしょうね。

もう、子供のころの教育からして洗脳されますから^^

>
> 頑張る奴ほど辛さを隠しますし、鬱や過労になる奴ほど頑張る奴なんですから。

「頑張る」、という言葉が、働くようになってから、大嫌いになりました。
やっと最近、「頑張る」という言葉を使っても、鳥肌立たなくなりましたからww

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング