記事一覧

個人的には、それでも多すぎると思うんです

就労人口の減少と、高齢化はとどまるところを知らないようです。

農業人口 2050年に半減へ 85歳以上3割 自民試算
日本農業新聞 10月10日(月)7時0分配信

2050年には農業人口が半減し、100万人程度に。そのうち3割は85歳以上――。自民党の農林水産業骨太方針策定プロジェクトチーム(PT、小泉進次郎委員長)がこんな試算をまとめた。国内の農業生産を維持できないとみて、11月に決める環太平洋連携協定(TPP)の中長期的対策に、人材育成や労働力の確保策を盛り込む。


ということなんだそうです。
なんでも

基幹的農業従事者と常時雇用者を合わせた「農業就業者数」は、10年に219万人。PTの試算では、これが25年に163万人、50年には108万人に減るとの結果になった。


世代別に見ると、主要な労働力である60代以下の層が10年の124万人から25年には81万人、50年には60万人に減る。また10年には全体の3%にとどまる85歳以上の割合が、25年には22%、50年には29%に高まる。

 一方で、昨年策定した食料・農業・農村基本計画は、国内の農業生産の継続には90万人程度の農業就業者が必要だと推計する。



農業の就業人口はますます減って、高齢化はどんどん進む、こりゃタイヘンダ!!
ということなんでしょうか?

でもね、良く考えてください
確か、GDPに占める農業の割合って、確か1%ぐらいなんです。
日本の就業者数が6465万人であることを考えると、
その1%は約65万人です。
この数字は2050年の60歳以下の農業就業人口予測の60万人とほぼ同じ数字です。
てことは、単に経済規模から考えると、特に問題ないんじゃないかと思います。

日本の農業に関しては、昔から
生産性を上げなければいけない
海外に勝つために大規模化をしなければいけない
充分な補助金を与えなければ農業は滅んでしまう
食料(米は)は日本の生命線だ
などなどと言われ続けて
いつまでたっても、半世紀前の意識を引きずっているような気がします。
まぁ、85歳以上の人も現役でバリバリ働く職場だと、半世紀前の意識というのが生きていても良いのでしょうけどね。

そんなこんなの農業政策が常態化して
今では日本の農家の家計収入に占める補助金の割合は50%程度になっているんじゃないでしょうか?
要するに、農家の収入の半分は税金だ!(OECDの平均の倍以上ですね)
ということになっているんでしょうね。

私は、この状態がダメだ!
と言っているのではないんです。
食料安保上とか自給率の問題で
ある程度の補助金が必要なのは当然だと思っています。

それに日本の農業にはいろいろ問題もあります
日本の国土が山がちで耕作面積が小さい(非効率である)
家庭内農業が多く小規模である
ということは、今もあまり変わりないんでしょうね。
でもこれって、欠点ばかりじゃなくて利点でもありますよね
小回り利くし、単位当たりの収量を上げやすい、
都会と近距離農業できるから消費者ニーズを取り入れやすいので、産地と消費者を結び付けやすい
新しい品種も作りやすいし、多品種少量生産がやりやすい
なんてことになります。
まぁ、多くの若い農業経営者がすでに実践してますよね。

自然環境も
台風や集中豪雨と言った自然災害多いという欠点だって
雨が多く温暖であり、四季がある、ということは、多くの種類の作物を作りやすいという利点にもなります。
だって、
北に行くほど、植生は単調になって作れるもの限られるし
熱帯だって、ある意味多くの作物に厳しい環境だから、適したものは作れるけど作れないものも多い。


ただ、そんなにいろいろ補助金漬けにしてみても
新規就農者のおもな悩みは
所得が少ない
投資資金が無い
技術が未熟(これは新規就農者ならあたりまえでしょう)
ということになって
さらに、仕事が屋外とかハウス内なんかで、
仕事がきつい・汚い・危険、というまさに3Kです。
収入が不安定、3Kである、ではそのままでは若い人には魅力少ないですよね。

ただなぁ、サーファーとかだと
あれだって、仕事としたら
収入不安定だし、きついし・汚いし・危険だしで3Kなのに、イメージだけで
もてるのは不思議だ!!
やっぱり、イメージって大事だよね(俺は、波に乗っているんじゃない、海と会話して、地球と抱き合っているんだ!!とか何とだけで、もうチョロインです^^;)。
イルカやクジラと美女が水着姿で一緒に泳がないとやっぱダメなのかなぁ。
これからの農業も、イケメンと美女をたくさん出して、
ユーチューバーとか画像産業と結託して、イメージガンガン変えないとダメじゃないかな。
美女とイケ面以外は就労禁止とかにして、できれば金髪碧眼も前面に押し出して。
あ!そうすると、私なんかはますます働けなくなるなぁ><


でも、定年退職後の新規就農が多いならどうでしょう(現に、現在は65歳からの新規就農が増えてますよ)。
大規模に新規就農するんじゃ無ければ、設備投資資金も少なくて済みそうだし(退職金で世界旅行したり、温泉付きの家買ったり、夢だった外車買ったりするより良いんじゃないの)
何より、収入が少ない、という悩みは少なくなるんじゃないかな?
何しろ、年金で生活しながら、さらに
複数の収入源の一つとしての農業して
さらにその様子をブログとツイッターで流してお小遣いを稼ぎましょう。
さらに定年退職まで働いたんなら根性もあるでしょうから、3Kも大ジョブかも。
ただ、いくら年金あっても、借金は厳禁ですよ~~。

なんか、真正面から
国家の巨大な資金使って
海外の政府や農家とガップリよつで勝負する
なんてバカな政策止めてほしいんです。
もう、日本にはお金が無いんですから。
もっと、地域特性(日本は都会と田舎がすぐ近くですよ)とか人員特性(新規就農視野は定年退職者で特殊技能や人脈たくさんありそう)生かして、
真似のできない面白いことやってほしいんです。
旧態依然としたことはもういいから、世界中どこでもやっているようなことじゃなくて
真面目な人ではできないようなことをね。

個人的には、がっぷりと戦う人は、2050年の数字でも多すぎると思うですよね。

まぁ、素人の勝手な妄想ですから
お許しください。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

はじめまして。定年退職者と小規模での新規就農の相性は良さそうですね。農家は、転用期待と安い土地保有コスト、さらに高齢化により、耕作を放棄してしまうことが問題。補助金に頼ることなく、貴重な農地を維持していって欲しいものです。

Re: No title

エスカルジュニア さん、はじめまして。
そして、コメントありがとうございます^^

> はじめまして。定年退職者と小規模での新規就農の相性は良さそうですね。農家は、転用期待と安い土地保有コスト、さらに高齢化により、耕作を放棄してしまうことが問題。補助金に頼ることなく、貴重な農地を維持していって欲しいものです。

代々築いてきた耕作地、放棄してしまうのは、胸が痛みます。
かといって、そこに補助金をつぎ込むのも、なんか違うような気がします。
1億総活躍するなら、小規模就農、面白いと思うんですよね。
きつく無く、金かからずに、楽に小銭(月に数万円で良いので)を稼げるぐらいの、欲張らない就農が良いんじゃないかと。

No title

50歳過ぎて、田舎で土に触れる生活をしていると、
年金貰って、お天気に追われるけど、自分なりのペースでやる農業をするのもいいなって思います。
今の高齢者はとても元気ですから、日本の農業を高齢者に任せてみるのも面白いです。

あっ、全く深慮のない意見です。

Re: No title

祝詞婆さん、コメントありがとうございます

> 50歳過ぎて、田舎で土に触れる生活をしていると、
> 年金貰って、お天気に追われるけど、自分なりのペースでやる農業をするのもいいなって思います。
> 今の高齢者はとても元気ですから、日本の農業を高齢者に任せてみるのも面白いです。

高齢者にとっては、あまり稼ぎのことばかり考えずに、頑張りすぎないように、肩の力を抜いて、のんびりやれる農業が良いと思うんですよね^^


>
> あっ、全く深慮のない意見です。

私も、毎回その時の思いつきで書いてま~す^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング