記事一覧

実際、この年収は高すぎるものなのか?

5兆円もの評価損を計上したGPIF理事長の給与が
独立行政法人に所属する職員の給与の中ではトップの3130万円であったことが
大きな話題を呼んでいるようです。

年間報酬トップ、5兆円の損失を出したGPIFの3,130万円に
フジテレビ系(FNN) 9月24日(土)13時50分配信

報酬トップは、5兆円の損失を出した、独立行政法人だった。
総務省が発表した2015年度の独立行政法人役職員の給与水準によると、理事長らトップの年間報酬が最も多かったのは、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の3,130万円だった。
GPIFは、株価下落などの影響で、2015年度は、5兆3,098億円の赤字を出している。
総務省は「高度で専門的な人材が確保できるよう、給与水準の弾力化を検討することとされており、妥当な水準」と指摘したが、GPIFは、2016年度も4月から6月期だけで、5兆2,342億円の赤字を出した。

.

なんだか、記事には
「損失」「赤字」という言葉が並んでいます。
何しろ、この短い記事の中に
「損失」が2回、「赤字」が2回書かれています。
やはり、
「大事なことなので2回言います!!」
ということなのでしょうか?

確かに記事の内容に間違いはありません。
独立行政法人における役職員の給与水準の公表について
を見てみると
年金積立金管理運用独立行政法人の常勤役員の年間報酬の状況(千円)を見てみると
法人の長の報酬は31,305、となっています。
つまり、GPIFの理事長の年間報酬は3130万5千円となってます。
独立行政法人の役員給与の中では最高額のようですね。

さらに、「独立行政法人における役職員の給与水準の公表について」の中の「主務大臣の検証結果」の項に

当法人(GPIFのこと)の役員の給与については、平成25年12月に閣議決定された「独立行政法人改革等に関する基本的な方針」において、高度で専門的な人材確保ができるよう、給与水準の弾力化を検討することとされており、本法人の給与体系の改正が求められていた。 このため、当法人においては第三者的な観点から市場の報酬水準を勘案して改正を行うよう専門のコンサルティング会社を活用し、その提言に則し給与体系を見直したと承知している。 具体的には金融機関の報酬水準についての客観的データ等を踏まえ、理事長、理事、監事(非常勤含む)の報酬水準が設定されたものと理解しており、それぞれについて妥当な報酬水準であると考える。 なお、改正された役員給与規程については、独立行政法人通則法の規定に基づき、平成26年12月24日に開催された厚生労働省独立行政法人評価委員会でご審議いただき、平成27年1月13日付けで評価委員会として意見はないとの回答を頂いており、こうした点からも妥当性は担保されていると考える。


と書かれていますから、
現在の政府見解としては、役員報酬に関しては妥当と考えているのでしょう。

さらに、
GPIF、平成27年度業務概況書
および
平成28年度第一4半期運用状況
から
平成27年度の運用実績では5兆3098億円の評価損を計上しています
平成28年度第一4半期では5兆2342億円の評価損を計上しています。

まさに記事に書かれているとおりですね。
ただ、評価損なので損失とか赤字とかとはまた異なると思うんですけど。
こういった記事の読者にとっては、損失とか赤字の方がインパクトがあって、好評なんですかね?

じゃあ、GPIFの理事長の年間報酬3130万5千円というのは高いのかどうかということなんですけど
現在、日本の民間(民間と比較しちゃいかんだろう!という意見は無視します、だって他に適切な比較対象が無いし)の金融機関役員の報酬額というのは
どんなものなのでしょう?

上場金融機関124社「役員報酬」ランキングを見てみます。
この記事から、
上場金融機関役員平均年収のランキングとGPIFトップの報酬を比較してみると、3130万円とい言うのは
ランキング32位の松井証券の3142万円と33位の大垣共立銀行の3109万円の間ぐらいですね
ただし、比較しているのは「GPIFトップの年収」と「役員の平均年収」の比較ですから、あまり意味無いかもしれませんけど
一応の参考として。
う~~ん、金融機関の役員の年収って高いんですね。

これが、比較対象が海外の銀行になると、ケタが何桁か違ってきます。
「海外の大手銀行の最高経営責任者(CEO)が2015年に手にした報酬は前年に比べ7.6%増え、平均で1310万ドル(約13億6000万円)」
とか
「欧州銀11行の経営者の平均報酬額は1040万ドル」
なんて言うのに比べたら、3130万円の報酬とは、二桁ほど桁が違う報酬なんですけどね。
だって、1000万ドル(欧州銀11行の経営者の平均報酬額)と30万ドル(GPIFのトップの年収)、
なんだか比較するのが間違っているように思います。
やはり、
「GPIFのトップって報酬額を度外視した名誉職なんじゃなかろうか?」
なんて錯覚に陥ります。

あと、GPIFの予算額は719億3千万円
GPIFの運用資産額130兆円程度ですから
経費的には約0.05%となります。
適切な比較ではないと思いますけど
低信託報酬の投資信託で、信託報酬が0.5%程度と考えると
10分の1程度の経費で運用していることになります。
効率的と言えば効率的ともいえます。
一方で、専門家なのにこんなひどい運用成績出して
報酬高すぎ、全額返還しなさい
なんて言う意見もあります(その気持ち分からなくもないけど、短絡的過ぎるような気もします)。

少し過激に考えて、
投資信託会社などに払う手数料を節約するために、GPIFが直接株式や債券で運用しちゃおうなんていう考えもあります。
今年は、GPIFによる直接株式運用は見送られましたけど
将来どうなるかはわかりませんね。
もし直接投資の法案が成立したら、GPIFの役員報酬も大きく変わるかも。
運用成績に連動した報酬になったりしたら、年収10億円越えもあるかもよ^^
その代わり、運用マイナスの時は、役員報酬ゼロとか(でもなぁ、たぶん、運用マイナスになったら、これまでに支払った報酬全額返還しろ!という人がたくさん出てくるんだろうなぁ。下手したら賠償金請求されそうだし)。
ただ、直接投資認められると、個別会社の株価維持に政治的な思惑が入ってしまうよね、というお話もありますから
反対も多いでしょう。
でもすでに、130兆円という膨大な金額が、投資されているわけですから、
ある程度の、国の意向というものが、市場に反映されているんじゃないか。ともいえます。
でも
世界中の国がすでに、
軍事力や経済・外交・宗教・資源力、などを利用して、自国有利に市場操作しようとしているのは
誰もが理解していることですからねぇ。
いまさら、年金資金を株式投資に回すなんてケシカラン!!
と言われても、私のような無知蒙昧には何がケシカランのか良くわかりません。
でもね、前もって、
「何パーセントの資金を、いついつまでに、このような資産に投資します。」
なんてことをバカ正直に世界中に教えてあげる必要は無いと思いますけどね。
その資金移動を利用して利益を上げたい投資家(国・機関投資家・個人含む)は当然出てくるはずですから。
そこで生じた他国の利益は、バカ正直に広報したために生じた自国の不利益なんですけどねぇ。
でも、それ言っとかないと、
「また、陰でこそこそ運用して、ケシカラン!」
と言われちゃうから、前もって言っておかないとダメなのかなぁ。
ああ、めんどくさい。

個人的にはどうせインデックスで運用するなら
世界マザーファンドをGPIF(国)で作って
作為的あるいは政治的な個別株投資には枷と監視を付けて
後は、世界の経済成長に任せてしまう
というのも良いんじゃないかと思うんですよね。
世界経済が、毎年2%成長するなら、毎年2~3兆円程度の資産増加が見込めるし、
さらに配当だけでも2~3兆円は出そうですね。
それこそ、
「我々の国は、世界の平和・発展・経済成長ととも繁栄していく平和国家である」
と言えるようになるかもしれませんよ^^

あ!
国で投資運用した場合、配当金にかかる税金ってどうなるんだろう??
売買益に対しての税金はどうなるんだろう?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

いつもながら勉強熱心ですね。報酬額も、評価損も気になりません。ドルでみるか円でみるかで資産価値も違うし。国債中心の運用の方が嫌ですわ。

Re: No title

たんちんさん、コメントありがとうございます

> いつもながら勉強熱心ですね。報酬額も、評価損も気になりません。ドルでみるか円でみるかで資産価値も違うし。国債中心の運用の方が嫌ですわ。

国債中心、目先では安心なのかもしれないけど
将来考えたら、やっぱり不安です。

No title

GPIFのHPに資料があるはずですけど、GPIFも国庫に税金を収めてますね。

Re: No title

さいもんさん、コメントありがとうございます

> GPIFのHPに資料があるはずですけど、GPIFも国庫に税金を収めてますね。

独立行政法人ですから、本来の法人としての収益には税金かかるようですね^^
しっかり稼いでほしいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング