記事一覧

散々な言われようですけど、間違ってもいないかも

数日前に私も書いたんですけど
いまだに、バッシングがあるらしいです。

高校生バッシングしてどうすんでしょう??

貧困女子高校生問題から考える、日本のエリートに欠けているもの
cakes 9月1日(木)18時0分配信

NHKのニュースに登場した貧困に悩む女子高生の件が大炎上していますが、@May_Roma (めいろま)さんはこの問題は日本のエリートに欠けているものを炙りだすと語ります。


という書き出しで始まります。

この女子高生さんは、子供の貧困問題を議論する会合でスピーチをするなど、しっかりした人です。しかし、放送中に写った自宅に物がたくさんあったり、ツイッターで普段の生活をツイートした所、漫画本を買っていたり、コンサートにいっていたことがわかり、ネット民から「本当は貧乏じゃないんじゃないの?」と責められて、個人情報を晒されるなどの嫌がらせにあっています。その上国会議員の片山さつき氏までしゃしゃり出てきて、NHKに「あの子貧乏なの??」と質問するという状況になっています。

さらに、リベラル系ニュースサイト『リテラ』で有名な株式会社サイゾーが運営する『Business Journal』が、NHKはこの女子高生が貧困だという捏造の放送をしているという記事を掲載したものの、取材もせず事実関係を確認しておらず、さらにはNHKの発言を捏造しました、という凄いことになっており、さらなるガソリンを注入しています。

英語圏だったら、NHKや女子高生本人に、名誉毀損等で訴訟を起こされて、多額の賠償金で弁護士は大喜びでしょう。


なんて状態なんだそうです。

いつものパターンなんで、ここまでは、何やってんだか、弱い者いじめして、と思ったんだけど
この先が面白かった。

極東のど田舎の農村である日本では、男根型の大根が取れました、中年アイドルが解散します、といった明るい農村的なニュースが多く、シビアな話は嫌がられます


何しろ狭い村社会ですから。

そもそも日本ではこうやって自分の意見をいう人はほとんどおりません。若い人だけではなくオトナだって言いたいことを言わない。なぜならエエカッコシイだからです。

思ってはいても、反論されたり突っ込まれたり目立つのが怖いので、発言しないチキン野郎の集まりが日本人です。


こんなWanker(意味はご自分でお調べ下さい)だから、 ロシアのセクシー美女と付き合うには、札束で顔をはたくしかないのです。世界でモテるには 、俺は俺だと言える人間でなければダメです。チキン野郎は子供扱いされて終了です。



もう、徹底的に日本人下げですね^^
散々な言われようです。

恐ろしいと感じたのは、国会議員の片山さつき氏が、この騒動に乗り込んできて、NHKと女子高生叩きに参加したことです。


トランプさんはどうなんだろう??

まだまだ攻撃は続きます。

日本の最高学府を出るような人達や、官僚になる人達というのは、費用対効果や優先順位が理解できない脳の構造をしているようです。一度優秀なプロジェクトマネージャに弟子入りしてデスマの管理でもやってみたらどうでしょうか?


大蔵省なんかは、予算編成が右往左往して、いつもデスマしているようだけど、まぁ、そのデスマと、このデスマは違うか^^

ついには生態学的なお話まで

人間とは群れを作る生き物であり、これは、人間だけではなく、類人猿や鳥類、犬などにも共通する行動様式です。

生物は群れを作って助け合うことで、お互いを外的から守り、寒冷地では寄り添って暖を取り、一緒に狩りをし、餌を探し、時には群れの他の仲間の子供の面倒を見ます。



そしていつもの、日本の教育ダメダメ
イギリスの教育は違うよ!!
のお話。

イギリスの私立学校では、詰め込み教育をやるのではなく、僻地での冒険、登山、植林、スポーツ、文学、詩、演劇、慰問、ボランティアなどに力を入れています。そういう活動から、他人の心を想像する力、協力すること、情緒などが育つからです。夏休みの宿題はありません。夏は徹底的に遊ぶのです。遊びから他人を理解する心が生まれます。
エンパシー」は計算問題や、穴埋め問題をやることでは絶対に身につきません。木を植えるために辛抱強く荒れ地を耕すこと、近隣の人や同級生と協力して塀を建てることで身につくのです。「やんごとなき人」はガリ勉では務まらないのです。



そして最後は原発問題ですね。

原発問題は何がどうなっているのか、よくわかりません。冷凍すると言っていたのにそれは無理だと今になって言う。外国ではメルトダウンですと最初から言っていたのにそれは違いますと何年もいって、今になって実はそうでしたとシャアシャアという。なぜ地震の多いところに原発を作るのか、誰も明確に回答しません。

現実はシン・ガッジーラの様に美しくはいきません。真っ先に逃げ出すのは政治家と役人です。



なかなか愉快なお話でした。

まぁ、さえないおっさん、の私は。
ロシア人の美女を叩くための札束も持っていないし、
持っていても、妻と娘が怖くて、とてもじゃないけど、ロシア人美女(別にロシア人じゃなくてもいいけど)などに手は出せません。
確かに、チキンだなぁ。

まぁ、チキンじゃなくて、金持っていたら、今のような生活してないか^^


執拗に続く日本下げ、に関して、私見としては

ロシアの方ばかりでなく、セクシー美女の方々、金も地位も権力も無い人間に対しては、世界中どこでも相手にはしませんね。
これは仕方が無いと思っています。
だって、美しいということは強力な武器ですから(これは男女ともに共通しますよね)、その武器利用するのが一般的でしょう。
そして成功後に、そこで自分の趣味で、気に行った男性(女性)と付き合うという選択肢も出てくるわけですね。
だから、初期段階で、札束でお顔を叩くというのは、あながち間違っていないんでしょうね(もちろん、ほんとに札束で叩いたらダメですよ、それは当然嫌われますから。)。
自分がこんなに金と地位を持っていると、さりげないアピールするだけですよ。
若い時に、私も似たようなことやりましたから。
あ!、セクシー美女じゃなくて、普通にきれいな人(個人的には、こちらの方が好みです)は、金や権力なくても相手にしてくれますよね。

私は、日本の教育に疑問持っていたから、子供たちは海外に行かせたけど
だからと言って、海外の教育に完全に賛成しているかというとそうでもないんです。
海外の教師や学校には結構えげつない人や組織多いし、平気で生徒に手を出す人もいますし
、教師の不倫なんて当たり前ですから(欧米の学校や教師の話ですよ)。
学生同士もお国柄が強烈に出るから、さまざまな国の人とコミュニケーションとらなきゃいけなくて、大変だったようだし。
私の息子や娘は、学校は世界中どこ行ってもビジネスなんだなぁとか、教師なんて世界中やってること一緒だね、というのは
中学高校のころから、身をもって体験したようですね。
まぁ、大金かけて海外の有名なプライベートスクールに行くとまた違うんでしょうけどね。

日本だけにいて、学校や教師に余計な妄想抱かなかったのは良かったと思っています。
逆に、私の子供たちには、日本の初等教育は最高であった、という意識が強くあるようですね(これも誤解だと思うんですけどね)。
これは、たまたま、学校と先生に大変に恵まれたということが最大の要因だったと思うんですよ。
今ではその学校も、ゆとり教育以後、さま変わりしてしまいました(ゆとり教育がダメなのではないんですけどね)。

どうでもよいこと書いたけど

要は、あのようなことでバッシングに進み
そのバッシングをバッシングする記事が出てきて
そこでも結構ひどい表現があって
どっちもどっちだけど、
貧困問題をバッシングで解決しようとするのは不味いんじゃないかと思うんですよね。


若年者の貧困に対するセーフティーネットがまだまだ不完全なのは確かなのだろうし
また、
若年者が既存のセーフティーネットを十分に活用できるようにすべきだし
さらには、
若年者を取り巻く環境整備(衣食住、医療、教育、金融)も合わせて行って行くべきなんでしょう。

決して、一高校生のバッシングとか、さえないおっさんに対するバッシングとか
エリートバッシングで終わっていい話では無いですよね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

よく分かんないけど・・・

こんばんは。
よく分かんないけど、この騒ぎに何で片山さつきなんかがしゃしゃり出て来るのか?売名行為じゃないのって邪推したくなります。やはりとんでもない議員ですな。

Re: よく分かんないけど・・・

パルタ7さん、コメントありがとうございます

> こんばんは。
> よく分かんないけど、この騒ぎに何で片山さつきなんかがしゃしゃり出て来るのか?売名行為じゃないのって邪推したくなります。やはりとんでもない議員ですな。

私も何であの方のお話が、こんなに多く引用されるのかわかりません。
いろいろな立場の人間が、いろいろ言いたいのでしょうか?

まぁ、それぞれの考えが出てきて面白くはあるのですけど・・^^


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング