記事一覧

外貨建て保険なんて考慮の対象外なんだけど一応書いておきます

保険会社の商品など、いまさら買う気はないのですけど、
一応気になったので、書いておきます。
昔の終身保険とか養老保険では、極めて条件の良いものがありましたから
税控除も含めて、考慮の対象にはなったのですけど、
今のご時世では、考えるだけ無駄でしょうか。

ぼったくり商品にダマされるな!「買ってはいけない保険」全実名 各種保険の注意点を総チェック
現代ビジネス 8月30日(火)8時1分配信
という記事で

いま中高年を中心に爆発的なヒット商品になっているのが、銀行の窓口で販売(窓販)されている外貨建て保険である。


ということなのだそうです。
中高年の方々、おカネが余っているのかな?

それに対して

「金融庁が水面下で調査を実施したところ、外貨建て保険を売った場合、銀行側は保険会社側から販売手数料として7~8%、中には10%を超える高額を受け取っていることが判明しました。投資信託の販売手数料が2~3%なのに比べれば倍以上。『マイナス金利の時代に高金利で運用できる』とセールスしながら、実は500万円の保険料のうち50万円もの多額が銀行の懐に消えている」


ということが書かれています。

まぁ、私のような下々の者には、いったい保険の手数料がいくらなのかは、まったく教えてもらえないので、裏話として非公式な話で漏れてくるお話を聞くぐらいしかないんですよね。
こんなブラックな商品買う人の気がしれないと思っていたんですよね。

こんなブラックな業界に対して
今年の初めに
業界激震!金融庁が銀行での保険窓販の手数料率開示を要請

昨年末から今年初めにかけて、大手生命保険会社の幹部たちが金融庁を訪れた際のこと。保険課長が開口一番、「3月末までに、銀行窓口で販売している貯蓄性保険の販売手数料率について、開示する方向で検討していただきたい」と告げたというのだ


ということで、ブラック業界に風穴あくかなと思ったら

銀行窓販の保険手数料、開示見送り 金融庁、マイナス金利が逆風に

金融庁は銀行窓口で販売される保険商品について、10月に予定していた手数料の開示を見送る方針を固めた。過度に手数料の高い保険商品を銀行が勧めるケースがあり、透明化のため、開示させる方向だった。ただ、日銀のマイナス金利政策で貸し出し利ざやが縮小し、金融商品販売など手数料稼ぎに力を入れる銀行の反発は根強く、軌道修正を強いられた格好だ。


となりまして、
その後

保険窓販の銀行手数料、透明化へようやく一歩

三井住友銀行とみずほフィナンシャルグループは22日、窓口で保険商品を販売したときに自分たちが保険会社からもらっている手数料を10月から自主開示すると発表した。金融庁の要請を受けた措置で、窓販商品の3分の1程度が対象だ。他の金融商品や地方銀行などで同様の動きが広がるかが焦点になる。



紆余曲折を経ての、一部手数料自主開示予定、となりましたね。
銀行が嫌がるってことは、保険商品の手数料収入に銀行収入は大きく依存しているってことになるんでしょうか?

ついでに
冒頭の
ぼったくり商品にダマされるな!「買ってはいけない保険」全実名 各種保険の注意点を総チェック
の記事の中で、
介護保険に関しては、はっきりと「介護保険は入る必要は無い」と言いきってますね。
介護を心配しなければならない年齢になったとき、
介護保険に入らなければならないと思うような、
知的状況にならないことを願うばかりです。
年取るに従い、だまされやすくなりますからね。
「大きな会社なんだから、人をおとしいれるような商売はしないだろう。」
なんていう、思考放棄の性善説に傾いてしまいがちですからね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

社会・経済 ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

信じるのは我が身のみ、実感します。

そういえば

3年前銀行で、利益が出た積立投信を解約した時にすすめられ、なんとなく外貨建て保険に契約しました。
月1万円ですが止めたほうがいいような気がしてきました。短期間で止めると払戻金が少なかったような…お金に関する失敗が多いです。

Re: No title

たんちんさん、コメントありがとうございます

> 信じるのは我が身のみ、実感します。

あれほど巨大な組織を擁し、社員に給与を確保し、CM流しているんですから、その維持費はすさまじいはずです。
銀行と似ていますよね^^

Re: そういえば

pinさん、コメントありがとうございます

> 3年前銀行で、利益が出た積立投信を解約した時にすすめられ、なんとなく外貨建て保険に契約しました。
> 月1万円ですが止めたほうがいいような気がしてきました。短期間で止めると払戻金が少なかったような…お金に関する失敗が多いです。

保険としての性能が必要な時は、保険必要なんだと思います
(死亡時保険や医療特約など)

後は、必要経費が投資信託よりは高めであるということと
多種のリスク(為替・金利・デフォルト等)を抱えていることを理解しながら加入するのであれば
一つの選択肢だと思います。

年金確保という意味合いだと、
公的年金・401kなどがより優先度が高いのかもしれません。

No title

銀行と保険のタッグによる壮大なボッタくりですね。

Re: No title

招き猫の右手さん、コメントありがとうございます

> 銀行と保険のタッグによる壮大なボッタくりですね。

人のお金と寿命に係る巨大組織が組んでます^^
とてもじゃないけど、普通のお年寄りはすぐに騙されます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング