記事一覧

オリーブオイルの闇も深い、どこでもいっしょだね^^

最近、オリーブオイルは健康に良いよ!なんて話を良く聞きます。
そうか、オリーブオイルが良いのか!
そう思った私は、結構オリーブオイル使っているんだけど
こんな記事が書いてあったんです。

偽装天国・日本でオリーブオイルが危ない

今年5月、IOC(インターナショナル・オリーブ・カウンシル)が唯一主催するオリーブオイルのコンペティション「マリオ・ソリナス・クオリティー・アワード」授賞式が東京で行なわれた。
 IOCはスペインのマドリッドに本部をおく政府間機関であり、オリーブ業界における唯一の世界的な機関として、加盟国と協議をしながら、オリーブ業界発展のための政策作りを行っている。
 現在のIOCの加盟国は地中海沿岸国や南アメリカの一部の国などが中心で(それでも世界のオリーブ生産量の97%を占める生産国を含んでいる)、日本は未加盟だ。

 だが、IOCは今後は日本をはじめ、消費国も加盟していけるようにするという方針を打ち出しており、2017年には、生産国だけでなく、消費国もIOCに加盟できる見通しである。
 「マリオ・ソリナス・クオリティー・アワード」授賞式が、アジアで初めて東京で開かれたのも、オリーブの消費国としての日本の存在が大きくなっているからにほかならない。


なんと、日本は加盟していないのか、イカンじゃないか!

日本のスーパーで売られているオリーブオイルのほとんどは「エキストラバージン・オリーブオイル」を名乗っているものの、実は日本で流通している「エキストラバージン・オリーブオイル」は、必ずしも国際基準を満たしていない。

日本のオリーブオイルはいい加減なんだね!

今年の2月にはイタリア警察が「硫酸銅を塗ったオリーブ」8万5000トンと産地偽装したオリーブオイル7000トンを押収する事件があった。この件で逮捕された容疑者たちが製造した「偽オリーブオイル」は日本にも輸出・販売されていた

食品偽装は怖いね!
なんて思ってしまったんです。
まぁ、単純で、すぐに騙されてしまう私のことですから、やっぱり本場のオリーブオイルじゃないとダメだね、
なんて思ってしまったんです。
だけど、それってどうなのよ!
ということで、少しグーグル先生に聞いてみました。

オリーブオイルの産地は
一位:スペイン
二位:イタリヤ
三位:ギリシャ
なんだそうです。

そうか、きっとこの3カ国は、とても健康な国に違いないと思い
まずは、これら3カ国と日本の健康比較をしてみようと思ったんです。
まぁ、オリーブオイルによって、改善しそうな健康ということで
感染症とか癌とかはあまり相関関係低そうだから考えなくてよいでしょう。
平均寿命とか、健康寿命とか、高血圧、肥満、高コレステロールとか、糖尿病を見てみようと思ったんです。
以下の表にまとめてみました、
数字は分母が国の総数、分子が当該国の順位です。
たとえば、4/196となっていれば、196カ国中4番目ということになります。
平均寿命(順位)健康寿命成人高血圧成人高コレステロール成人肥満成人糖尿病
スペイン8/1964/19460/18927/18943/18983/205
イタリヤ3/1964/19430/1897/18995/189156/205
ギリシャ25/19619/19452/18952/18994/189169/205
日本2/1962/19439/18925/189154/189157/205


これ見ると、平均寿命と健康寿命はギリシャが悪くて
高血圧と高コレステロールはイタリヤがダメ
肥満と糖尿病はスペインが悪い
なんて感じで、特にこの3カ国が健康に優れているとも思えないんですよね
まぁ、確かに
幸福度数や自殺者数なんてもの見ると、日本が悪いと思うんだけど
オリーブオイルとの関係があるとは思えないので今回は無視しています。

あと、前述の記事内で出てきた
IOC(インターナショナル・オリーブ・カウンシル)、国際オリーブ協会なんですけど
こんな記事がありました。
ニセ物横行するオリーブオイル
2013年5月31日
ニセ物だらけの「エキストラバージンオリーブオイル」

オリーブオイルの品質規格は、国連貿易開発会議(UNCTAD)により1959年に設立された国際オリーブ協会(本部:スペイン・マドリッド)が制定し、厳格に運用されることになっていた。国際オリーブ協会にはオリーブオイル生産地の主要国がすべて加盟し、オイルの世界統一基準を定め、加盟国が自国で批准して順守することで、消費者にもメリットになる、という流れになるはずだった。

 ところが、事はなかなか期待通りには進まなかった。第2次世界大戦の戦場となったヨーロッパでは、復興のために農業振興の旗が振られ、オリーブ栽培の振興のため生産農家やオイル製造・販売事業者に多額の補助金がばらまかれた。そんな中、オリーブオイルのプロモーション活動の中心にあった国際オリーブ協会も、残念ながらオリーブ産業の成長が最優先課題となり、オイルの等級区分の徹底や消費者保護は二の次になってしまった。

 それどころか、補助金の給付や取得を巡って同協会は汚職にまみれ、2003年以降、国際オリーブ協会の予算は大幅に削減された。その結果、オリーブオイルの品質規格を浸透させ、加盟国に徹底させるといった本来の機能は果たされずにいる。国際オリーブ協会の定める品質規格とそのチェック機能は形骸化してしまっている、というのが実情だ。


国際オリーブ協会、まともな組織なんでしょうか、大ジョブなんでしょうか?
日本が加盟していないのは、日本が入りたくても、生産国じゃないからこれまでは入れなかっただけですね。

もう少しググってみると
IOC(国際オリーブ協会)のターゲットキャンペーン対象国に日本が選定されたようです。
こんなニュースまであります。
そういえば、ヨーロッパとかは困ったときは
日本だのみですよね^^
日本の消費者って
ヨーロッパ発の国際組織なんて聞いてしまうと、
「頭が高い」、
「へへ~~~!」てな感じで、ハイソな方々中心に土下座しちゃいますからね。
そのために、現地価格が1000円程度のオリーブオイルが日本国内に入ると5倍程度の値上がりしてしまうという、
とんでもない現象を引き起こします。
「日本のオリーブオイルは偽装の温床です、正規店で購入しましょう」
見たいな、甘い言葉が常についてきますよね。
そのうえ買っている人は、
「高いものは良いものだ!」
なんて感じで、購入者同士で共有できる選民意識みたいなもの感じちゃったりします。
これまでも、車とかブランド物や宝飾品、毛皮なんかでたびたびおこなわれてきた
様式美ともいえる価値観共有が、また行われているんですね。

もう、たまりません。

どうせこんな高い金出すなら、日本で作ったほうがいいんじゃね。
なんて個人的には思うんですよね。
だけど、舶来物好きの人たちは、日本産のオリーブオイルとなると、高い金出さないのかなぁ。

個人的には、消費したい人たちがどんどん消費してくれるのは歓迎なんですけどね^^;
ああ、こうして、オリーブオイル狂騒曲が奏でられるんですね。
多分、オリーブオイルが健康にいいのは、輸入代理店の人や健康食品業者さん限定かもしれませんね^^

ついでに、
偽装しているのは、スペインとかイタリヤとかの業者が値段にかかわりなく大々的にやっていて、
日本だけでなく、世界各国に輸出してますね。消費量の多いアメリカや日本への偽装オリーブオイルの輸出量が多いのは
当然なのでしょう。

この、オリーブオイルの闇については、まだまだあるんですけど
と~~~ても、長くなるので、ここまでにします。

イヤぁ、オリーブオイルって、とっても健康にいいですね^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

うおおお、オリーブオイル危ないですね。
僕はネットでコールドプレスのちょっとお高いのを買っているんですけど怪しくなってきましたね。
ただ基本的には油を使わない煮込むとか生のサラダが中心なので量は取ってないです。
スーパーの安いサラダ油なんて化学的に二重結合を飽和させたもののようなのであっちのほうが怖いんですよね。

Re: No title

招き猫の右手さん、コメントありがとうございます

> うおおお、オリーブオイル危ないですね。
> 僕はネットでコールドプレスのちょっとお高いのを買っているんですけど怪しくなってきましたね。
> ただ基本的には油を使わない煮込むとか生のサラダが中心なので量は取ってないです。

油は最低限に取るのが良さそうですね。

> スーパーの安いサラダ油なんて化学的に二重結合を飽和させたもののようなのであっちのほうが怖いんですよね。

ええ!そうなんですね。
うう、気をつけないといけないな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング