記事一覧

植物はプロレス技も使うし化学兵器も使う

植物って、多様な生存戦略を繰り広げていますよね。たとえば、熱帯地方に行くと、「絞め殺し植物」なんてのがいて、宿主の植物にまとわりついいた、植物が最終的には、宿主の植物を枯らしてしまう。まさにプロレス技だよね。さらにはセイタカアワダチソウで有名になった、アレロパシーなんてものもある。このアレロパシーっていうのは、ある植物は、自分の放出する化学物質の影響で、周辺の他種の植物の生長を抑制したり、逆に成長...

続きを読む

シクラメンの花も、そろそろおしまい

昨年末に購入して以来、毎日我々を楽しませてくれていたシクラメンの花もそろそろおしまいです。近所の花やさんで、500円という破格の値段で売られていたシクラメンの鉢。週に1~2度の水やりと、週に一度の液肥、昼間はお日様に当てて、夜は室内に戻す。こんなことを繰り替えし、自分なりに大事に育ててきたのです。この間、一度は水切れを起こし、花がしなっと萎れてしまい、大慌てで水やりしたら、すぐに回復。妻と胸をなで下ろ...

続きを読む

シクラメンが元気

昨年末、シクラメンを格安で購入したんです。近所を散歩中に、1鉢500円の文字がミニシクラメンでは無くて、まともなシクラメンだと思うんだけどやや色が白くくすんでいるので、それでかなとおも思うけど冬でもあり、家の中に明るい色の花がほしかったので、安さにつられて購入。それから一カ月、新しい花が次から次にどんどん咲いてきて、古くなってしおれた花は、花茎を根元付近でつまんで、ねじって抜き取りを繰り返し。今では購...

続きを読む

ベランダは今年も楽しませてくれた

ベランダのプランターも、春から様変わりしました。今年の春、芽を出したモミジは、50cmほどに背が伸びて立派になりました。モミジの根元には、コミカンソウの羽状複葉が見えます。コミカンソウは、実を拡大してみると、まさにミカンのように見えます。モミジは来年さらに大きくなると、このプランターでは狭くなるかもしれませんというより、数年したらベランダで育てるのは無理かも。枝を落として、小さく育てないとダメかもしれ...

続きを読む

もみじの芽生え

初夏となり、もみじの種も色付いています。紅葉は、種も色付くと赤いんですね。秋になると、種が熟して枯れてくるくるとプロペラのように回転しながら、種は散布されます。運が良いと、来年この種から芽生えを見ることができるのでしょう。我が家のベランダでも、紅葉の種からの芽生えがありました。今年の春、ベランダに置いた、小さな植木鉢の中にこの芽生えを見つけて、プランターに植え替えたんです。植え替えの際に、葉を一枚...

続きを読む

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング