記事一覧

通貨選択型ファンドは、私には向かない

モーニングスターにおいて通貨選択型ファンドの現状と言うテーマで2回にわたりレポートが掲載されました。この2本です。登場から10年、通貨選択型ファンドの現状 -止まらない資金流出?-登場から10年、通貨選択型ファンドの現状(2)-運用成績と分配金水準に注目-個人的に、通貨選択型ファンドに関しては仕組みの複雑さ、信託報酬の高さ、リターンに比較しての分配金の多さ、リターンに比べてのリスクの高さなどの点が引っ掛か...

続きを読む

コツコツ貯めると貧困層になる?

私、子供のころからコツコツ貯めるのが好きでした。今でも、コツコツと株(投資信託だけど)を買って貯めてます。おかげさまで、セミリタイヤもできました。大変有難い限りです。でも、そんなコツコツためる人は将来貧困層になるらしいんです。コツコツと貯める人は将来の貧困層であるサラリーマン不遇の時代に備えよ日本でも、間違いなく「格差」は広がっています。さらにシビアな現実は、中流階級から富裕層に移動する人の数より...

続きを読む

1680がいつの間にか要らなくなっていました

先日、 上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)(1680)に関して、「上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI」)約款変更(予定)のお知らせと言う封書が届きました。そう言えば、少し前まで私、ETFを結構買っていたのですね。ところが、最近は、私、買うのは投資信託ばかりです。時代は変わりました。私の今のファンド購入の旬は、いつも勉強させていただいている、こちらのブログ「Slim全世界株...

続きを読む

国税庁では1億円以上は331人、日本仮想通貨交換業協会では1億円以上の口座は268口座

少し古いお話でスミマセン。日本経済新聞の2018年5月26日の記事によると仮想通貨、収入1億円以上「億り人」331人 を見ると国税庁は25日、2017年に仮想通貨取引を含めた収入が1億円以上あったと申告したのは331人だったと発表した。となっています。仮想通貨取引による利益は雑所得です。この雑所得で公的年金を除く雑所得の収入が1億円以上あったのが549人、その中で仮想通貨を含めて1億円以上の雑所得があったのが331人と言うこ...

続きを読む

「絶対収益型」と言う凄い強気ネーミングのファンドがあった

いつものように、経済の記事を読んていたら「絶対収益型投資信託」という個人的には超強気のネーミングに感じられるファンドがありました。私が読んだ記事はこれなのですTOPIX連動の投資信託で"損した人"の誤解この中に投資信託に疑問を持っていた中村さんは、「投資家は元本を増やしてほしいのに、『運用結果がマイナスでもベンチマークには勝っていますよ、良かったですね』では納得ができない」ということで、フル投資型投資信...

続きを読む

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング