記事一覧

遺族年金もらっていても、国民年金は40年間支払った方が良い?

最近は、年金に関する記事が大変多く、より細かい点を記事にしています。これもそんな記事です。60歳以降厚生年金に加入しても年金は増えない!? 遺族年金の注意点遺族年金を受け取りながら、働いている方もいらっしゃると思います。遺族年金と言えばサラリーマンの配偶者の方なら多くの場合、遺族基礎年金・遺族厚生年金ですね。厚生年金を支払っていない自営業者の配偶者の方なら、遺族基礎年金や寡婦年金・死亡一時金となるので...

続きを読む

加給年金は厚生年金にくっ付いている

これまでも何度か書いていますけど私、公的年金の繰下げ受給をする予定です。もちろん、気が変わることも大いにあります。そのために、繰下げ受給に関する記事は、できるだけ読むようにしているんです。これもそんな記事の一つです年金、繰り下げ受給の心得 「基礎のみ」が得な場合も 妻が年下、夫が厚年繰り下げで「加給」消失この記事の中で会社員などの場合、年金は国民全員がもらえる基礎部分と、収入に応じてもらえる厚生年...

続きを読む

公的年金について、理解していない人ほど公的年金制度の安心感が低い

フィデリティ投信株式会社が行ったサラリーマン1万人アンケート2018退職準備が進捗しないなか、若年層の投資に変化の兆し 非課税制度拡充の効果を見ていると、結構面白い。2010年と比較して、退職後の資産形成として資産運用を選択する人の割合が徐々に増加しているのがわかります。また、特に大きな変化として、投資をしない理由として、「投資をするだけのまとまった資金が無いから」を選択する人が2010年の48.4%から2018年は2...

続きを読む

第3号被保険者の立場も結構複雑、任意加入も考慮しておこう。

国民年金の第3号被保険者という方々がいます。2017年12月18日の政府広報記載のデータによると、その数は889万人と書かれています。国民年金の第3号被保険者に該当する要件と言うのは、日本年金機構のホームページ上の書き方で言うと「20歳以上60歳未満の方で第2号被保険者(厚生年金保険又は共済組合の加入者)に扶養されている人」と定められているそうです。次に国民年金の第2号被保険者の要件と言うのは、「厚生年金保険又は共...

続きを読む

妻には、トンチン保険よりも、厚生年金加入の継続と繰り下げをお願いしています。

今どき、トンチン保険が人気らしいんです。「トンチン保険」は“長生き時代”の不安を解消できる救世主になるのか? 長生きするほど受取額が増える「トンチン保険」のメリット・デメリットを解説!日本人の平均寿命が延び、長生きリスクが高まる今後、さらに発展していきそうな保険だ。私もトンチン保険、考えたことがあるんです。自分のためにじゃないんですよ妻のためになんです。何しろ、女性は平均余命が男性より長いそれなのに...

続きを読む

プロフィール

いろいろでセカンドライフ

Author:いろいろでセカンドライフ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング